100万円から買えるオススメ中古ガイシャ――BMW、ポルシェ、フェラーリetc.

「緩やかに回復しつつある」と日銀が表現している現在の日本の景気ですが、今のところ実感はイマイチ?そんな状況下でも、一部では超高額新車や超高額中古輸入車がバカ売れしているとのこと。そこで"中古ガイシャの今"について、おなじみMJセンセイと中古車評論家・伊達軍曹が語り合いました!

伊達軍曹=構成 Text by Sergeant Date
フォッケウルフ=写真 Photographs by Fochewulf

⇒【前編】「超高額中古ガイシャがアベノミクスで売れまくり!」はコチラ

★100万円台から500万円超級まで、魅惑のアベノミクス中古輸入車大集合!

<100万円台>ステキすぎる輸入オープンetc.もこの価格!

●BMW Z4(先代)中古車相場120万~190万円

ウルトラよく吹けるBMW製エンジンと、ひたすら正確なハンドリングが魅力の2シーターオープン。今となっては100万円台半ばだが、知らない人から見たらFXか株でひと山当てたようにしか見えない!

外車
●アルファロメオ アルファGT(絶版)中古車相場90万~180万円


ベルトーネによる現代美術館のような内外装と、アルファロメオ特有の活発なエンジンがステキなクーペ。2ドアモデルですが後部座席もかなり広いので(それでいて全然ダサくない)、家族持ちにもオススメ

外車
<200万円台>定番人気モデルも超アベノミクス級もOK!


●アウディTT(現行)中古車相場200万~320万円

見て良し、乗って良し、見せびらかして良しの超優等生クーペ。外観も当然ステキですが、センスの良いアルミ素材を多用した内装デザインの魅力は特に、日本車ではなかなか味わいにくい部分です!

外車
●ジープラングラーアンリミテッド(現行)中古車相場240万~320万円

いわゆる「ジープ」の最新世代で、なかでもアンリミテッドというのは5ドアの最人気モデル。悪路の走破性はもちろん高いわけだが、それ以上に、妙に都会の夜に映えるデザインで、女子ウケはかなり良好

外車
●マセラティスパイダー(絶版)中古車相場250万~320万円

ハードボイルな男を目指すなら、北方謙三も愛したマセラティしかないでしょう。4.2リッターV8を積むスパイダーがこの価格帯。さすがに"冒険"ですが、男は冒険してナンボ、死を覚悟してナンボです!

外車
<300万円台>ここまで出せば世界の名車もよりどりみどり!

●ポルシェケイマン(先代)中古車相場300万~450万円

ポルシェ911とよく似た形のミッドシップ。最新型や、先代でも’09年以降の後期型はさすがに高いですが、前期型なら余裕で300万円台。性能は、日本の公道で走る限り先代も現行も似たようなもの!

外車
●M・ベンツSクラス(現行)中古車相場310万~460万円

本国では最新型のW222ってやつがデビューしてますが、日本ではまだコレが最新型。ていうかそんなことよりも、"ベンツのSクラス"ならではの強烈なオーラは、たかが数年で消えるものではありません

外車
●プジョーRCZ(現行)中古車相場280万~360万円

高燃費かつパワフルな直噴ターボを積む、フランスの美しいクーペ。同じジャンルといえるアウディTTクーペほど街にあふれていないので、その希少性もプラス100万円ほどの価値に相当するかも

外車
<500万円超級>掛け値なしで“世界の最高峰”がここに!


●フェラーリF355(絶版)中古車相場700万~1000万円

自動車界の世界最高峰「フェラーリ」も、中古車なら、ごく普通のリーマンが普通に買っていることをご存じでしょうか? 長期ローンをうまく組めば月々の支払額は3万円台で済むことも

外車
●アストンマーティンV8ヴァンテージ(現行)中古車相場730万~1200万円

本来は英国で「サー」と呼ばれている人々のためのクルマですが、日本では、払うモンさえ払えば普通人がコレに乗ったって誰も文句は言いません! ちなみに新車価格は1500万円也

外車
●ポルシェ911ターボ(先々代)中古車相場470万~580万円


泣く子も黙るポルシェ911ターボも、タイプ996と呼ばれるこの世代なら500万円台ということで、現在爆発的に売れております。その圧倒的オーラとネームバリュー、超絶加速からすれば激安かと!

外車【結論】
日本製HVは、海外でもジワリとシェアを拡大しているが、それでもまだ国内6割のガラパゴス商品。さらに国際化を進めるためには、フィットHVの方向性がいいんではないかと愚人間は、一度“上”に上れば後は自動的に上り続けたくなる生き物です。騙されたと思って一度中古ガイシャに乗ってみれば、水洗トイレに慣れた人間が汲み取り便所に戻れないように、さらなる高みを目指すでしょう!

― アベノミックス的中古ガイシャ購入ガイド【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事