雑学

巨人と美女ゾンビが人気「カワサキハロウィン2013」

カワサキハロウィン2013

進撃の巨人のコスプレイヤーも多数

 全国各地でハロウィンイベントが行われた週末、「カワサキ ハロウィン 2013」が今年も開催された。27日には、約3000人におよぶ仮装参加者による国内最大級の仮装パレードが行われ、11万人を超える観衆が歩道から見物して盛り上がりをみせた。川崎駅東口一帯では、ハロウィンらしくゾンビメイクをしたナース、看守、メイドといった定番のコスプレをはじめ、人気アニメ『進撃の巨人』の超大型巨人や調査兵団、20周年を迎えたセーラームーンのコスプレなど、バラエティに富んだ参加者の姿が。歩行者も「写真撮っていいですか?」と、珍しいコスプレ姿を熱心に撮影していた。

⇒【画像】超大型巨人がちびっ子にモテモテ
http://nikkan-spa.jp/527933/kawasakihw_02


 ちびっ子たちに人気のコスプレは、セーラームーンやディズニーキャラクター、さらにお菓子を配っていた魔女。意外な人気だったのが『進撃の巨人』の超大型巨人だ。全身筋肉柄の全身タイツの男となぜ写真を撮りたがっていたのか? さらに抱っこしてもらうとは……。

 また、会場一帯で目立ったのが、ベビーカーやちびっ子連れの仮装参加者の多さ。親子や夫婦でお揃いの仮装をしたり、ベビーカーを引き連れたママさん仲間8人で魔女の仮装をしていたりと、いつもとは違う日曜日を楽しむ家庭の姿があった。 <取材・文・撮影/林健太>

⇒【画像】美女ゾンビナースほか
http://nikkan-spa.jp/527933/kawasakihw_13


ハッシュタグ




おすすめ記事