グラビア

自衛隊ブースが女性レイヤーに人気! ニコニコ超会議3コスプレレポ

ニコニコ超会議3

天気にも恵まれコスプレエリアは超満員だった(ゆりか・AI)

 4月26、27日の2日間、動画配信サイト「niconico」の巨大リアルイベント「ニコニコ超会議3」が千葉県・幕張メッセにて開催された。2日間で会場には12万4966人(昨年実績:10万3561人)が訪れ、ネット生放送も759万人(2日目ニコニコ超パーティーをのぞく速報値、昨年実績の約1.5倍)が視聴した。本記事では、厳選した美女コスプレイヤーらの模様をお届けする。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/633004/nc3_2

 イベント会場内では、コスプレエリア以外でもコスプレ衣装のまま各ブースを楽しむことができる。なかでも、女性の姿が目立ったのは自衛隊ブースだ。特に自衛隊員の装備品を着用できるコーナーでは、大人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」や、アニメ「ガールズ&パンツァー」などのコスプレをした女性の姿が多かった。

 担当者に聞くと「昨年は男性がほとんどだったのですが、今年は女性の方が多い」という。実際、ブースに行ったときには、10人以上並んでいる列の全員が女性だった。コスプレイヤー以外はドラマ「空飛ぶ広報室」の影響によるところが大きいのだろう。

 一方、生粋の自衛隊好きという女性も。「ガールズ&パンツァー」のコスプレ衣装の上からパイロットスーツを着ていた「かざり」さんは、「祖父が元陸上自衛官で、各駐屯地でのイベントや入間基地の航空祭にはよく行っています。アニメも好きですが、元から自衛隊が大好きなんです」と語っていた。

 メインとなるコスプレエリアは、天気に恵まれたこともあり、歩けないほどの密集地帯となった。定番のボーカロイドをはじめ、「ラブライブ!」や「艦隊これくしょん」、「キルラキル」など、ヒット作品を中心に撮影待ちの行列ができていた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/633004/nc3_7

<取材・文・撮影/林健太>




おすすめ記事