「安い車を買う人ほど、武勇伝を語りたがる」カーディーラーの証言

「お客様は神様です」なんてあまりにも有名な言葉もあるが、かといって客は店員に威張り倒していいわけではない。「知らぬ間に自分もしているかもしれない」という自戒の念も込め、さまざまな接客シーンでの客のウザ自慢を集めた。

◆武勇伝系自慢【カーディーラー】

カーディーラー「安い車を買う人ほど、見えを張って自慢をしたがる傾向がある」と話すのは、20年以上カーディーラーとして働くMさん(52歳)。

「軽自動車を買われたお客様で、手続きの間中ずっと『バブルの頃はポルシェに乗っていてね』と話されていた方がいました。でも、ウチの店はバブルの頃からそのお客様に車を売っており、ずっと軽自動車なんですよね」

 運転テク自慢も定番ネタ。

「以前、試乗後に『ちょっとステアの利きが鈍いね。俺クラスだとギリギリまでハンドル切らないからなあ』と言う方もいました」

 また、運転を本業とするトラックドライバー相手のディーラーも苦労は絶えない。Oさん(34歳)は、「飲酒運転の自慢する客がいます。本音では売りたくないですが、商売ですから」。高い買い物だけに見えを張りたい気持ちもわかるが、飲酒運転自慢はさすがにNG!

★たとえ武勇伝だとしても飲酒運転の自慢はさすがに法律違反です!

イラスト/ミラクル沼尾
― 接客業[お客のこんな自慢話]がウザい!【10】 ―




おすすめ記事