雑学

ブラジル式朝食を食べながら日本代表を応援

 ワールドカップブラジル大会開催まであと少し。あなたはどこで日本代表の試合を見ますか?

 パブリックビューイングなどの観戦イベントが続々と組まれるなか、本場ブラジル式の朝食を食べながら、日本代表を応援する企画があるという。

ブラジル式朝食

手前から、プレズント(ハム)、ケージョ・プラット(チーズ)、パン・フランセイス(ブラジル風フランスパン)。季節のフルーツとコーヒー、ワンドリンク(マンゴー、グァバジュースやお酒でもOK!)がつく

 スクランブル交差点でのハイタッチ、DJポリスなど、もはや日本サポーターの「メッカ」となった渋谷。そんな喧騒とは離れた、道玄坂の奥にひっそりと佇むブラジリアンバー「Bar Blen Blen Blen」ではカフェ・ダ・マニャンと呼ばれるブラジル式の朝食メニューを食べながら、日本代表戦を観戦するイベント「ブラジリアン・ブレックファースト」が行われる。

 パン・フランセイス(ブラジル風フランスパン)、ケージョ・プラット(チーズ)、プレズント(ハム)、カフェ(コーヒー)、それにグアバなどのジュース、パイナップルやスイカ等のフルーツ……これらは日本の白飯、味噌汁、アジの干物、生卵、納豆などと同じように「ド鉄板」のラインナップだ。

 皮はカリッと、中はモチモチのパンの食感。わずかな塩味が小麦の甘みを引き立てる。ハムの肉々しい味、チーズのまったりとした味わい。ブラジルならではの濃いコーヒーに、砂糖とミルクをどっさり入れるのが現地のスタイル。パンをナイフで背割りし、ハムとチーズを入れかぶりつく。ブラジル代表選手ですら食べているこのメニューは、簡素なようで美味しく、腹持ちも良い「国民食」なのだ。

 今回の大会は地球の真裏での開催とあって、日本ではマイナス12時間の早朝が中心のテレビ生中継。「ウチはブラジル居酒屋なんで、本当はタラのコロッケやパステル(揚げ餃子)、ブラジルステーキなどをつまみにガンガンお酒を飲んでほしかったんですが、さすがに早朝は胃が悲鳴を上げるかなと思って(笑)。元気の出るブラジルスタイルの朝食を食べながら、日本の勝利に酔いしれてほしいですね。あ、もちろん、お酒のオーダーは大歓迎ですよ(笑)」と店主の宿口豪さん。ブラジル人からも太鼓判を押される、評判のブラジル居酒屋メニューは「サッカー観戦で手が離せないため」今回はあえて封印するとのこと。

 本場ブラジルの朝食をしっかり食べて、ゲームの興奮さめやらぬままに出勤! そんなスタイルで4年に1度のお祭りを満喫してみるのはいかがでしょう?

Bar Blen Blen Blen

100インチの高画質スクリーンで放映

【ブラジリアン・ブレックファースト開催日程】
6/15(日)10:00 日本×コートジボワール(残席わずか)
6/20(金)7:00 日本×ギリシャ
チャージ:1800円(朝食+1ドリンクつき)

※以下のゲームは通常の居酒屋営業
6/13(金)開会式~5:00 ブラジル×クロアチア
6/18(水)4:00 ブラジル×メキシコ
6/24(火)5:00 ブラジル×カメルーン
6/25(水)5:00 日本×コロンビア

※決勝リーグ以降に関しては予約状況で開催を決定(要問い合わせ)

ブラジル国旗

大きなブラジル国旗が目印

●「Bar Blen Blen Blen」
渋谷区道玄坂1-17-12 野々ビル2F
Tel:03-3461-6533
http://www.blenblenblen.jp/

<取材・文・撮影/遠藤修哉>




おすすめ記事