恋愛・結婚

インフルエンザに発症した女のコを看病してそのまま…【チャレンジャーたちの恋愛成功術】

「3回目のデートまではSEXに誘うな」「ゆっくり距離を縮めていくのがベスト」etc.王道の口説きでは全然うまくいかない。一方で、捨て身でSEXを懇願する土下座手法で成功した者も。チャレンジャーたちの成功例に学び、SEXをめぐる攻防戦に革命を起こせ!

◆インフルエンザを発症した女を看病⇒そのままSEX
(飯田智弘さん/仮名・32歳/ 広告)


カネも時間もかからない[土下座でSEX]革命 体調を崩したり風邪をひいたりした女性は、心細くてついついSNSなどで孤独感をアピールしがち。そんな女性のSOSを目ざとく見つけては、まさに捨て身のSEXを成功させているのが飯田さんだ。

「『熱を測ったら38.3度……家に食べ物も飲み物もないし、このまま孤独死かも(泣)』みたいなつぶやきを見たことってありませんか? 僕はそこそこ仲のいい知り合いの女のコの風邪ひきツイートを見たら、速攻で『大丈夫? 欲しいもの買って持っていこうか?』とメールして、お見舞いに行くんです」

 付き合ってもいない男からそんなメールが来ても、警戒されるだけなのでは?

「そもそも頼る相手がいれば、こんなつぶやきはしませんから(笑)。とにかく心細くて誰でもいいから構ってほしい状態なので、断られることはほぼありません」

 こうして、お見舞いにかこつけて女性の家を訪れ、飲み物や食べ物を差し入れたり、ときには洗濯や掃除まで買って出るという飯田さん。かいがいしく看病をして信頼を勝ち得たところで、満を持して「ずいぶん寝汗かいてるんじゃない? 着替えたほうがいいかもよ?」と切り出す。着替えを手伝って、病床ながら女のエロい気持ちを誘発したところで「まだ熱下がらないかな?」と額と額をくっつけてそのままキスしながらベッドに押し倒す……。こんなエロ漫画のような展開のどこが捨て身なのか? 単なる入れ食いじゃないか!という気もするが、飯田さんのすごいところはインフルエンザの女性にも同じ手口で迫ってしまうという点だ。

「インフルエンザなのに、うつるかもしれないのにお見舞いに来てくれたというだけで、かなりポイントが高いんですよ。ただ、高熱の女のコ相手じゃそこまでハードなプレイはできないし、フェラさせるなんてもってのほか。基本は相手をいたわりながらの看病SEXですけどね。しかも、見舞いに行って看病SEXなんてしたら、感染確率はほぼ100%(笑)」

 インフルエンザに罹患してしまったら、肉体的につらいのはもちろん、忙しいなかで仕事を休まなければいけなくなるのもかなりの痛手だ。

「インフルのコのときはしっかり予防接種を受けていたし、キスなしSEXだったので感染せずに済みました。朦朧としている女のコとするSEXってたまんないんですよ。正直挿入まで至らなくても、火照った体を優しく触っているだけで満足なくらいです」

 また、その日は挿入まで至らなくても、一度既成事実をつくっておけば風邪が治ってからも自然とSEXをする流れに持ち込みやすいのだとか。「ちょっと風邪をもらって高熱が出るくらい全然平気」と言うのだから、まさに捨て身のSEX術!

<こんな女に効く!>
体調を崩したときに、頼れる相手がいない孤独な一人暮らし女子


― カネも時間もかからない[土下座でSEX]革命【3】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事