【イメージ調査】実家暮らし男子は男偏差値が低い!?

夫の家事への非協力的な態度に日々ストレスを溜める主婦Aさんの話(※)をうけ、実家暮らし男子のイメージを女性達に聞いてみた。

※【前編】実家暮らし男子は男偏差値が低い!?

◆親に甘えてて自立してない

最も多かった声がこちら。

「介護が必要とか家業を手伝ってるとか理由があれば別だけど、30歳以上で実家暮らしとか、自立してませんって言ってるのと同じだと思う」(28歳・美容師)

「前に飲み会で実家に住んでる30歳の男がいて、そいつは得意げに『俺、実家にはちゃんとカネ入れてるよ。家賃払ってるのと一緒じゃん!』って言って、女のコたちはドン引きしたことがある」(27歳・出版社)

◆なんにもできなさそう

「元カレがウチに遊びに来ると部屋の散らかり方がハンパなかった。ゴミの分別もしないし、人の家なのに平気で服とか下着を脱ぎっぱなしにしてた。どういう教育受けてんだよ!って思った」(30歳・アパレル)

親しき仲にも礼儀あり……を知らないと、マジギレされるのである。

「たまに彼が私のウチに泊まりに来るですが、鍵を渡してるから先に来てることがあるんです。でも、お米も炊けないし、料理もできないから本当にただ待ってるだけ。お米の炊き方教えたら、『でも、結婚したら作ってくれるから覚えなくてもよくない?』って言われた」(31歳・SE)

ちなみに彼女はこの一言がきっかけで、結婚の話を白紙に戻したという。幸せな結婚生活は双方の協力が必要なのだ。

◆結婚後、親と同居しなきゃと思うと憂鬱

「お見合いパーティで出会った方なんですが、何度かデートして付き合いそうになったけど、実家を出る気がないって聞いてお断りした」(34歳・不動産)

「実家だとなかなか家に遊びに行けないなぁって思うと、それだけでお付き合いする気が失せてしまう」(28歳・デパート)

「今の彼はやたらと私を実家に呼んで、みんなで食事をしたがるんだけど、彼のお母さんからいろいろ突っ込んだことを聞かれたりするとすごいストレスが溜まる。あたかも結婚するのが既定路線みたいな言われ方したりされると、気疲れしちゃう」(27歳・旅行代理店)

結婚がリアルに迫ると、同居問題は大きな壁になりそうだ。

最後に話を聞いた女性たちが実家暮らし男子をどう見ているのかを年代別にまとめてみた。

・20代前半……問題なし
・20代半ば……できれば一人暮らししてほしい
・20代後半……なぜ一人暮らししてないのか不思議に思う
・30代……キモイ!
・40代……なにか事情があっての実家暮らしだと信じたい


かなり極端な見方であり、実家暮らしに対する考え方には地域格差もあるだろうし、事情があってしたくてもできないケースはあるので、実家暮らし男子が一概にダメと言い切ることは乱暴な意見だろう。だが、一人暮らしの経験は確実に男偏差値を上げることに役立つはずである。

最後にこんなエピソードを紹介しておこう。

「27歳までは実家暮らしで、当時は設計の仕事をしてました。親から『早く自立しろ』って言われて、無理矢理一人暮らしをするはめになったんですが、洗濯も料理も掃除も初めて。お金がないと必然的に自炊しなきゃならないわけで、必至になって料理も覚えたんです」

と語るのは37歳の料理人の男性。なんと彼は一人暮らしの貧乏生活を自炊で乗り切っていくうちに料理の面白さに目覚め、29歳で会社を辞めて料理人の世界に飛び込んでしまったのだ。

「もともと凝り性だったんで、料理本に載ってるレシピ通りに作っただけじゃ満足できなくて、もっと旨くするにはどうすればいいのかって考えて、作ってを繰り返していたら、料理の道にハマッてました」

現在、彼は独立して創作和食の店をきりもりしている。一人暮らしによって、人生までも変えてしまったのである。イイことばかりではないのかもしれないが、実家を出て一人で住むということは、男として一度は経験すべきことなのかもしれない。

文/テポドン





おすすめ記事