エンタメ

「番狂わせ続々のW杯」を予言するCMがあった

選手とサポーターに演技指導するオリヴァー・ストーン監督

選手とサポーターに演技指導するオリヴァー・ストーン監督

「ワールドカップでは何が起こるか分からない」

 その言葉どおり、今大会でも世界の人々の記憶に残る番狂わせが次々と起こっている。

 コロンビアとのグループリーグ最終戦に1‐4で敗れ、日本の1次リーグ敗退が決まってしまった。日本代表の未勝利は日本人にとって何よりも手痛い“番狂わせ”となってしまったが、その一方でギリシャはコートジボワールとの決戦で終了間際にPKで勝ち越し点を奪い、土壇場で決勝トーナメント進出を決めるなど、今大会は番狂わせに加えて逆転勝利が多いのも特徴という。

 大会いきなりの番狂わせは、何といっても前回大会の優勝国スペインが早々にグループリーグ敗退を決めたことだろう。かと思えば、人口約480万人の小国コスタリカは優勝経験国に囲まれた「死の組」から一番乗りで決勝トーナメント進出を決めた。

 アジア勢はここまで未勝利と大不振だが、そんな中でもイランは、リオネル・メッシ率いるアルゼンチン相手に互いに得点を許さぬ攻防を繰り広げた。結果は、アディショナルタイムにメッシのスーパーゴールが決まり敗れたが、誰もが予想外の展開だと驚いた。アメリカ対ポルトガル戦では、終了のホイッスルが鳴る寸前に、クリスティアーノ・ロナウドがドンピシャのクロスを上げて同点弾を演出し、土壇場でチーム敗退の危機を救った。

 世界中の人々が歓声と悲鳴を上げ、これ以上ないドラマが繰り広げられている。そんな劇的なワールドカップだが、ラテンアメリカの放送局DIRECTV Sportsはそれを予言したかの如く(!?)、逆手に取ったプレビューCMを作っている。主役は、ハリウッドの巨匠オリヴァー・ストーン。以前、スーパーボウルの豪華CMの発端は、巨匠リドリー・スコットによる初代MacintoshのCMであるとお伝えしたが、やはり大御所監督が手掛ける作品は圧巻だ。

※【参考】今年は30秒4億円超!スーパーボウルの必見CM
http://nikkan-spa.jp/580217


選手とサポーターに演技指導するオリヴァー・ストーン監督

選手とサポーターに演技指導するオリヴァー・ストーン監督

 舞台はスタジアム。試合の途中で、「カット!」とその場に割って入るストーン監督。そして語りかける。「君たち、これはワールドカップなんだ。世界の国々で、何百何千万という人たちが熱い視線を注いでいるんだ」「見るのも怖くなるほどの緊張感を出せ」「接触プレーは痛々しく」「スター選手の極上プレーも見せろ」と演技指導。さらにはピッチに出て、「その手で歴史を作るんだ」「予想を覆せ」「すべてのプレーが可能性を見出す」と鼓舞。スタジアムのサポーターにも、「もっと旗を振って、もっと情熱的に!」と畳み掛けると、満足げにうなずいたストーン監督が「皆さん、これがワールドカップです」と話しかけて終わる。

⇒【動画】オリヴァ―・ストーン監督“作”!? ワールドカップCM http://youtu.be/EWUkbUc_diM(DIRECTV Sports公式)

 サッカーボールを武器に活躍するもう一人の誇るべき日本代表がいる。日清カップヌードルのCMに出演するこの“侍”は、フリースタイルフットボール日本代表の徳田耕太郎さん。2012年にイタリアで開催された世界大会で日本人初、最年少で優勝。華麗なテクニックで世界を驚かせているのだ。

⇒【動画】徳田耕太郎さんが侍に扮してブラジル人を驚かせるCM「サムライinブラジル」http://www.youtube.com/watch?v=Gk4vnVsx2wc&feature=youtu.be(日清食品公式)

 ブラジルW杯に招待された日本人の物語がドキュメンタリー形式で描かれているCMもある。公式スポンサーのコカ・コーラが、世界の過酷な地域で暮らす若者をブラジルに招待し、その背景を伝える。ブラジルのアマゾン奥地にある村、東欧のとある貧しい地域、「忘れられた町」と呼ばれるパレスチナのラマッラー、そして日本は津波被害にあった岩手県大槌町から、4人が招待される。「サッカーががんばる勇気をくれた」と駆け回るシーンから、他の3人の言葉へと重なってゆく。「どんなに酷いことを言われても、サッカーが忘れさせてくれる」「私たちの存在を世界に知らせたい」「サッカーは世界とつながる」。招待チケットを受け取り、ブラジルで迎えられる彼らは、誰もいないフィールドに立って思い思いの表情をのぞかせる。

⇒【動画】大槌町の若者が出演するコカ・コーラのCM「One World, One Game」http://www.youtube.com/watch?v=aMed07FEDEg(CoCa-Cola公式)

 こうした「サッカーが人々を救う」という側面をスケールアップしたかのようなCMもある。SAMSUNGのGalaxy11のCMシリーズだ。昨秋から順次公開されている作品は、さらながらSF映画。地球を救うため、メッシやロナウドら世界のスタープレイヤーが召集され、エイリアンと立ち向かうというもの。物語の主軸を描く作品は、4分~7分台のものもあり、壮大なオンラインシリーズ作品となっている。

⇒【動画】ロナウド、メッシのほか豪華スター選手が地球イレブンに選出される「The Beginning」http://www.youtube.com/watch?v=EC-zB2aSXXM(Samsung公式)約4分
http://www.youtube.com/watch?v=EC-zB2aSXXM
⇒【動画】メッシ、地球イレブンのキャプテンに就任 http://www.youtube.com/watch?v=-8lRgdODMC4(Samsung公式)約1分
http://www.youtube.com/watch?v=-8lRgdODMC4
⇒【動画】最新版 宇宙人との試合 フルCG (Samsung公式)約7分超 http://www.youtube.com/watch?v=ystoqYTciBI#t=277
http://www.youtube.com/watch?v=ystoqYTciBI#t=277
 番狂わせも含めたドラマの数々は、ワールドカップの醍醐味。今大会で日本は敗退してしまったが、巨匠オリヴァー・ストーンが劇的展開を“予言”したワールドカップからは目が離せない。

<取材・文/松山ようこ(スポカルラボ)>
http://www.facebook.com/SportsCultureLab
スポーツをカルチャーとして表現するメディアコンテンツ制作ユニット。スポーツが持つ多様な魅力(=ダイバーシティ)を発信し、多様なライフスタイルを促進させる。

ハッシュタグ




おすすめ記事