合法で楽しめる「海外ポーカー」に挑戦しよう!

世界的なブームになっているポーカー。カジノ解禁前の日本国内でも競技人口は増加の一途。“ボロ儲け”を目指しポーカーを始めるなら、今しかない!

◆海外ポーカーに挑戦しよう!

 国内で金銭を賭けてプレイすることは違法だが、海外カジノのポーカールームならOK。日本からのアクセスがいいアジア圏の代表的なポーカースポットを紹介していこう。

<韓国>

 国内から最も近いポーカースポット。規模は小さいが、APPTなどのトーナメントイベント開催中は、卓も多く立ち盛り上がる。週末には日本人の常連プレイヤーが多数参戦

韓国●ウォーカーヒルカジノ
最低レートは1000ウォン/2000ウォン。常時3~5卓ほど稼働。
最低予算/20万ウォン(約2万円)

●セブンラックカジノ
最低レートは2000ウォン/5000ウォン。テーブルは1卓のみ。
最低予算/50万ウォン(約5万円)

<マカオ>

 規模は大きいが、その分レートもアジア圏では一番高い。常駐している日本人プロプレイヤーも多数存在。アマチュアの中国人富裕層が多く腕に自信があれば最も稼げる

マカオ●Wynn
最低レートは50香港ドル/100香港ドル。テーブルは11卓だが待ち時間が長い。
最低予算/1万香港ドル(約13万円)

●City of Dreams
最低レートは25香港ドル/50香港ドル。PokerProという対人用ゲーム機なら安く遊べる
最低予算/5000香港ドル(6万5000円)

<フィリピン>

ポーカーはフィリピン人に大人気。現地人設定でレートが安くプレイヤーも多いので、海外デビューには最適。紹介するカジノは空港から徒歩圏内

フィリピン●リゾートワールドマニラ
最低レートは25ペソ/50ペソ。20卓以上あるマニラ最大のポーカールーム。
最低予算/5000ペソ(約1万3000円)

取材・文・撮影/池田達哉(本誌)
― [ポーカーでボロ儲け]は可能だった!?【7】 ―




おすすめ記事