雑学

大人になってから仮面ライダーベルトにハマった男「不思議と癒される」

子どもの遊びに大人が熱中してしまう例は昔から絶えないが、最近は特にその動きが顕著だ。大人が本気でハマる「子どものおもちゃ」の魅力を、ドハマり中の大きなお友達の声から探ってみた

◆『仮面ライダーベルト』
大人の所有欲を満たす完成度のベルトを眺めて明日への活力に


●豊田健介さん(仮名)39歳・会社員

仮面ライダー

バンダイが展開。昔から存在したライダーベルトだが、現在のものは、複数のアイテムを挿入するギミックがあり、収集欲も満たす

 ご存じの通り、仮面ライダーといえば、子どもたちが憧れる国民的ヒーローだ。’71年に登場して以降、今もシリーズ最新作が放映されており、親子や家族で楽しんでいるファンも少なくない。そんな仮面ライダーに、大人になってからドハマリしたのが、会社員の豊田さんだ。

「4、5年ほど前、当時放送されていた『仮面ライダーW』を偶然見て、面白かったのがきっかけですね。だんだん登場人物たちに感情移入してしまい、彼らが使っている変身ベルトや武器を自分も触ってみたい、使ってみたいと思うようになったんです」

 グッズに興味を持ち、おもちゃ売り場に足を運んだ豊田さんは、そこで驚愕したという。

「最近のおもちゃは、とにかく完成度が非常に高い! 触ってみた感覚が安っぽくないし、効果音も作品で聞いたものと遜色がないんです。これなら大人の自分でも楽しめると思い、のめり込みました」

 そこから、豊田さんの仮面ライダーグッズの収集がスタート。当時は、コンプリートする勢いで集めていたそうだが、楽しい生活はすぐに限界を迎えてしまう。

「家庭を持つサラリーマンの悲しい性ですが、自由に使えるお金が底を尽きまして(苦笑)。新品に手が出なくなったので、中古品を探したり、近所の父兄から子どものお古を購入したりしています」

 さらに、グッズの購入費用を少しでも捻出するために、昼食を100円ショップのご飯と缶詰だけで済ませる、といった涙ぐましい努力をすることも。なぜそうまでして、仮面ライダーのグッズを収集するのか。

「仕事から疲れて帰ってきたとき、仮面ライダーのおもちゃを触っていると、不思議と癒されるんですよ。それに仮面ライダーは、自分と近い存在だと思うんです」

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=695903

 突拍子もない話だがその心は?

「僕らサラリーマンも、会社や家庭、現実世界のいろいろな葛藤と戦っていますよね。それが1人で戦う仮面ライダーと似ているなと。だからグッズを集めながら、『自分も仮面ライダーなんだ』と言い聞かせて、頑張っています」

 仮面ライダーグッズは、豊田さんの活力の源なのかもしれない。

取材・文/黒田知道
― 大人がハマる[子どものおもちゃ]偏愛図鑑【3】 ―





おすすめ記事