エンタメ

AKB48メガネ選抜の赤メガネは破壊力抜群! メガネドレッサー賞2011表彰式

AKB48メガネ選抜

AKB48メガネ選抜の今後の展開はあるのか!?

10月11日(火)、東京ビッグサイトで第24回「日本メガネベストドレッサー賞」表彰式が行われた。今メガネのもっとも似合う各界の著名人として、鹿野農林水産大臣(政界部門)、藤巻幸夫(経済界部門)、フリーアナウンサーの高島彩(文化界部門)、俳優の水谷豊(芸能界部門)、モデルの土屋アンナ(サングラス部門)らが選ばれた。

今後メガネをかけてほしい人に贈られる特別賞にはAKB48が選ばれ、「AKB48メガネ選抜」として、秋元才加、板野友美、北原里英、藤江れいな、宮澤佐江、横山由依、渡辺麻友が登場した。

⇒【フォトレポート】AKB48メガネ選抜と他受賞者の写真(52枚)
http://nikkan-spa.jp/73039/akbmegane_05

受賞者には、副賞としてスポンサーより受賞者に似合ったメガネが贈られ、表彰後のスピーチでは副賞のメガネをかけてスピーチを行った。AKB48メガネ選抜は、宮澤が代表してスピーチを行った。宮澤は「ほかにもAKB48にはメガネをかけるメンバーがいるので、この賞をきっかけに、私たちにとってメガネがもっと身近になればいいなと思います」と語った。また、AKB48総合プロデューサーの秋元康も同賞を受賞していることをうけ、「私たちも秋元先生に負けないくらいメガネといったらAKB48と言ってもらえるようなアイドルグループを目指していきたいと思いました」と今後の展開が楽しみなコメントでしめた。

今後、テレビや雑誌などでAKB48のメガネ姿を見られる機会は増えるのだろうか。過去には、雑誌「デジモノステーション」の連載『ビジョメガネ』に、渡辺麻友ら渡り廊下走り隊が登場したこともあるので、まずはAKB48メガネ選抜で同連載への再登場を期待したい。デジモノステーションさんいかがでしょう?

◆第24回「日本メガネベストドレッサー賞」受賞者一覧
【政界部門】 鹿野 道彦(農林水産大臣)
【経済界部門】 藤巻 幸夫((株)テトラスター 代表取締役)
【文化界部門】 高島 彩(フリーアナウンサー)
【芸能界部門】 水谷 豊(俳優)
【サングラス部門】 土屋 アンナ(モデル/アーティスト)
【特別賞】AKB48(アイドルグループ) ※「メガネ選抜」に選出されたのは、秋元才加、板野友美、北原里英、藤江れいな、宮澤佐江、横山由依、渡辺麻友。河西智美は、体調不良のため欠席

取材・文・撮影/林健太

ビジョメガネ 5

まゆゆ(渡り廊下走り隊)も登場!




おすすめ記事