「肌がキレイですね」で激怒するOL

会社の女性社員や合コンでの初対面の女のコたち、女友達や彼女などに何げなく言ったことや良かれと思って褒めた言葉が、実に驚くほどの曲解をされ、彼女たちを怒らせていた……。20~30代の女性200人へのアンケートで判明した「言ってはいけない一言」から不可解な女心を類推してみた

【オフィス編】
男の何気ない一言が、実は大ヒンシュクを買っていた

◆【男】今日は脚がいっぱい虫に刺されているね
【激怒指数】★★★
「なんで私の脚そんなに見てるの!? 怖い!」(25歳・事務)。細かい部分を指摘すると変態的だと見なされるので要注意


◆今日は優しく見えるね
【激怒指数】★★☆

「え、今日だけ? いつもはどれだけ怖く見えてるわけ?」(31歳・IT)。ほかの日はそう思っていないと見なされるので、期間は限定してはいけない


◆肌がすごくキレイですね!
【激怒指数】★★☆

「肌だけ?」(30歳・広告)というように、パーツだけを褒めると、そのほかの部分はマイナスだと思われがちなので注意


◆先輩、お菓子ならあげますよ
【激怒指数】★☆☆

「え、そんなに食べたそうにしてた? お菓子で釣ろうとするな」(29歳・流通)など、「女性=お菓子で喜ぶ」と思うのは間違い。だったらあげね~よ!


◆思ったより背が小さいんだね
【激怒指数】★☆☆

「普段そんなに圧迫感があるのか?」(25歳・出版)、
「小さいのに態度はデカいとでも?」。思ってても、「思ったより」とは言わないこと!


◆ネックレス、替わったね
【激怒指数】★☆☆

「なんでそんな小さいことに気づくの? ストーカーですか……?」(25歳・サービス)。些細な変化は、指摘しないほうがきっと嫌われないのだろう


◆髪の毛、ツヤツヤだね!
【激怒指数】★☆☆

「そんなにジロジロ見ないで!」(20歳・大学生)。せめて言うにしても「髪の毛がキレイだね」ぐらいに留めておいたほうが無難か



◆箸の持ち方がキレイだね
【激怒指数】★☆☆

何となく思っただけで他意はない単なる会話なのに、「じっとり観察されてるみたいで、なんかキモイ」(31歳・生命保険)と受け取るコも……


◆風邪、大丈夫?無理しないでね
【激怒指数】★☆☆

ただ心配なだけなのに「弱みにつけ込んで、気を引く気?」(25歳・損保)。そんなわけないだろ! もう心配すらしないほうがいいのか


◆香水つけてるの?いい香りだね
【激怒指数】★☆☆

「単純にキモイ。匂いとか嗅がないでほしいし、そんなに近づかないで! 気づいても言わないものでしょ!」(27歳・食品)。そういうものですかね

― 厳禁[女を激怒させる何気ない一言]【3】 ―




おすすめ記事