エンタメ

アップアップガールズ(仮)が“ノンストップライブ”で見せた成長の証【フォトレポート】

 7人組アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)が、11月30日(日)に東京・お台場にあるZepp Diver City(TOKYO)にて「ライブハウスツアー2014 ハイスパートキングダム~Zepp Diver City決戦~」を開催した。

アップアップガールズ(仮)

メンバーの森咲樹、佐藤綾乃、古川小夏、佐保明梨、新井愛瞳、仙石みなみ、関根梓(左から右)

 アイドル界で初の富士山山頂ライブやプロレス団体とのコラボなど、タフなライブパフォーマンスで知られるアプガ。この日のライブも、昨年末に行われ早くも伝説となった川崎CLUB CITTA’の1時間越えノンストップライブを再現するというもので、彼女たちは過去最長となるおよそ2時間のノンストップライブに挑んだ。さっそく、当日の模様を振り返ってみたい。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=760400

 開演時間になり、おなじみのオープニング曲「Born Slipy Nuxx」(Underworld)と「Overture(仮)」がかかると、ステージにアプガのメンバーが登場。今回のライブでは正面のステージのほか、客席フロアにも十文字型に7か所のミニステージが用意された。問答無用に高まる期待感のなか、まずは「ENJOY!! ENJO(Y)!!」からライブスタート……と思いきや、なぜか途中で曲がストップ。

アップアップガールズ(仮) すると、佐藤綾乃が「みなさん、今日は何を見に来ましたか? 今日はノンストップライブですよ。みんなー、倒れる覚悟できてんのかぁ!?」と、いきなりファンを煽り始める。この挑発(?)に対し、アプガのファンは大盛り上がり。歓声を上げたり、サイリウムを振り返すなどして応答する。そうしてメンバーとファンの一体感が最高潮に高まったところでライブが再開。最新曲「Beautiful Dreamer」「ジャンパー!」「虹色モザイク」などおなじみのナンバーが繰り広げられた。

 その後もライブは続き、佐保明梨が特技の空手で瓦割りに挑戦したり、この日のために用意された激しいギターリフが印象的な新曲「キラキラミライ」が初お披露目されるなど、まさにハイスパートな激しいパフォーマンスが展開された。

 アンコールでも約20分間、この日に披露してきた全曲のサビをリミックス化し、さかのぼって歌う「年末アプガのリバースMix2014」、そして「Party! Party!」が披露されるなど、最後はアプガもファンも汗だくになりながら怒涛のライブを締めくくった。

 今日のライブが発表されてから半年間、ずっと今日を楽しみにしてきた反面、『成長した姿を見せなきゃ』という不安もあった。けど、もうなんか全部ぶっ飛んじゃった」(森咲樹)と語ったとおり、見事にアプガの成長した姿を見せてくれた。

アップアップガールズ(仮) ライブの最後には、’15年3月26日の新宿ReNYを皮切りに、全国47都道府県を回る日本完全制覇ツアーの開催がサプライズ発表された。突然の発表に戸惑うメンバーたちだったが、「今日のこの熱を全国に持っていけば、(目標とする)武道館にまた一歩近づけると思う。2015年、全国をこの温度で上げていきましょう!」(佐保明梨)と最後は熱く宣言。新たな野望に燃える7人の活躍から’15年も目が離せない。

<取材・文/阿佐ヶ谷ジョージ 写真/西田周平>




おすすめ記事