雑学

太っている人こそ「ジャストサイズ」がキモ。痩せて見せるコーディネート

日頃の暴飲暴食で、気づけばぽっちゃり体形に。しかし、日々の仕事に追われてダイエットに時間を割くのは難しい……。そんな悩みを解決するべく、実際に痩せなくてもスリムに見せる方法を実践してみた

◆最後の手段!! 見た目でごまかす方法<体形カバーコーデ>

 まず注目はアフターの下半身、随分脚が細く見える。

ファッション

Before⇒After

「ファッションの大前提はジャストサイズを着ること。シルエットが小さくなることはもちろん、食べすぎを防ぎダイエット意識も高まる」と、スタイリストの谷本真子氏。

 自分の体形に合った服を着たうえで、次に目散らし効果を狙うのだ。

谷本真子氏

谷本真子氏

「今年はやりのPコートは、お腹回りを隠すミドル丈を選びました。全体的に“収縮色”のダークトーン系でまとめましたが、黒一色では重たいので白セーター、白マフラーでメリハリを強調。また眼鏡やネクタイなどの小物を赤、青など『差し色』に変えれば、より目散らし効果を期待できますよ!」

 全体を引き締め、視線を逸らすのがコツだ。

【谷本真子氏】
ぽっちゃり女性ファッション誌『ラ・ファーファ』(ぶんか社)など、数多くの女性誌で活躍する人気スタイリスト。体形をカバーするコーディネートのスペシャリストでもある

― [1週間で痩せる]ヤバい方法【8】 ―




おすすめ記事