雑学

本当にあったダイエットの怖い話「痩せるためなら死んでもいい!?」

◆ダイエット体験談…痩せるためなら死んでもいい!?

ダイエット

急激なダイエットは脳が栄養不足になり、低血糖で死亡に至るケースもあるという

 誰もがダイエットで、痩せれば嬉しいもの。しかし、過剰なダイエットはさまざまなトラブルを引き起こすケースが存在する。

「健康診断の前に体重を減らしたくて、豆腐やサラダばかり食べていたら『栄養失調』で逆に引っ掛かった」(29歳・男性・営業)や「目まいや頭痛がひどくなって集中できず、仕事に支障が出た」(31歳・女性・事務)など、仕事に悪影響を及ぼす恐れがある。

 さらにひどくなると、「話題の肉だけ食べるダイエットに挑戦したら、体臭がひどくなってしまった」(32歳・男性・金融)や「筋力が低下して、肩凝りと腰痛が悪化した」(28歳・女性・出版)など、新たな体のトラブルになる場合も。

 もっとも怖いのは、精神的な異常だ。「被害妄想がひどくなって、周りへのストレスから吐き気が止まらなくなった」(30歳・男性・介護士)、「ダイエットを繰り返したことで、何かを食べる度に罪悪感や強迫観念に襲われ、拒食症になりかけた」(24歳・女性・派遣)。

 たとえ痩せたとしても、健康を害しては本末転倒。無理のないダイエットを心掛けてもらいたい。

― [1週間で痩せる]ヤバい方法【6】 ―




おすすめ記事