雑学

「ファイナルおっぱい?」日本一おバカな“街頭キャッチ&客引き”を決める【C-1グランプリ2015】

夜の繁華街をさすらうキャッチや客引き。はた迷惑な存在ながら時としてとてつもない話術で酔客の気を引くのも事実。そこで今回は風俗ライターや夜遊び好き記者の証言から珠玉の“作品”を完全網羅!! 日本一おバカな“街頭キャッチ&客引き”を決める「C-1グランプリ2015」を開催。一番おバカなフレーズはこれだ!

◆耳を疑うほど下品さ全開な最初の一言!!<開口一番賞・ノミネートフレーズ>

C-1グランプリ2015

歌舞伎町を中心に急増しているのが外国人の客引き。ジェスチャーを交えたフレンドリーな雰囲気が特徴だが、ぼったくりも多いとか

 客引きは口八丁手八丁なしゃべりのプロ。特に最初の一言には彼らの創意工夫が詰まっている。

「裸のお姉ちゃんとポコチンの体操いかがっすかー?」(東京・歌舞伎町)と、かわいらしさやユルさを強調するのは近代客引きの王道。似た例としては「ぺろんちょどうですか?」「キャバリングは!?」「乳首つねつねは?」などもある。

 また、割引やおまけで客を釣ろうとするパターンも多い。

「寄り道しませんか? 戦後最大の割引します!」(東京・銀座)

 枕に「戦後」がつくと大事件や天変地異を連想する日本人の習性を利用した知能犯だが、客引きのビッグマウスには際限がない。

「ウチは1軒行くと2軒目タダですよ!」(東京・青山)

「おめでとうございます! あなたがちょうど1万人目のお客さまです!」(東京・大塚)

 思わず「嘘でしょ!?」とツッコんでしまうが、その時点で客引きの術中にハマっているのだ。「マクド奢ってあげるから本番風俗行かへん!?」(兵庫・三宮)などは飴玉で幼児を釣る誘拐犯と同じロジックだが、たしかにインパクトは絶大。

 また、部位をアピールするケースで最も多いのが胸だ。

「日米野球はウチで外国人のおっぱい揉みながら見ましょうよ!」(埼玉・大宮)

「乳首をつまみにお酒を飲みましょう!」(神奈川・川崎)

 やはり具体的なイメージを湧かせるおっぱいの説得力は桁違い!

「ファイナルおっぱい?」(東京・新橋)など、仕事帰りの相手に応用も利く。一方、意味は不明ながら、頭の体操的にジワジワと脳に効いてくるフレーズもある。

「半熟女いるよ! 熟女でも若いコでもない、熟しきってない中身がトロトロのコ!」(東京・中野)

「中国四千年の歴史を感じる韓国エステいかがすか?」(福岡・中洲)

 要は中途半端なスペックのコや、ただの韓国エステなのだが、この言い方なら多くの客の心に響くこと間違いなし! 何でも物は言いようである。

 また、警戒されないよう「(カジュアルな服装で満面の笑顔で手を振りながら)SEX!」(福島・陣場町)と、親しい雰囲気で近づいていくのもひとつの手かもしれない。

 しかし、フランク路線が行きすぎて「お客さんスケベっしょ? よく歌舞伎町にいるじゃん」と、親愛の情が一回転するものも。この技は完全に喧嘩を売ってしまうことにもなりかねない。

 こうしたウイットに富んだ迷言に対して、朝方多いのがそのものズバリ、お下劣系である。

「トイレ行きます? ウチ、肉便器いっぱいっす!」(東京・池袋)

 サービスしてくれる嬢に失礼だが、下世話とはいえ比喩が入っているだけまだマシなほう。客引きもさらに疲れてくると、直球勝負の度がすぎてくる場合もある。

「合法ハーブのくっさいマンコどうすか~?」(千葉・栄町)

「チンコ! マンコ! どうすか~?」(東京・錦糸町)

「ウチはプロしかいません。マンコのプロ、マンプロ!」(東京・鶯谷)

 こんなことを言われている店は、この客引きを野放しにしていていいのだろうか……

 もはや日本人の客引きの言葉遣いは、「日本語の乱れ」どころではない。むしろ丁寧な言葉遣いをしているのが外国人の客引きだ。

「(アフリカ人が)アニキ! おもてなしアルヨ!」(大阪・ミナミ)

 外国人らしい親しみやすさと和の心が同居しているといえよう。

「シャチョ、キンパツ、オッパイ、モミホーダイ!」(東京・六本木)

 経済大国日本のサラリーマンの琴線に触れる肩書が堪らない。グローバル化の進む客引きの世界で、次世代をリードしていくのは外国人かもしれない。

イラスト/桜壱バーゲン
― C-1グランプリ2015【1】 ―




おすすめ記事