恋愛・結婚

新橋駅前で聞いた「 TENGAとの印象深い思い出」を発表!

祝10周年!愛好家たちが熱く語る 「TENGAとの思い出」 長らく世の男性たちの股間を慰めてくれたTENGAが、今年で10周年を迎える。登場以来、そのオシャレなデザインと信頼のおける品質で、既存のアダルト商品の概念をいい意味で壊し続けてきた同製品。「初めて使ったときは、その気持ちよさにビックリした」なんて思い出を持つ人も少なくないはずだ。

 というわけで今回は、10年分の思い出を振り返るべく、特にお世話になったであろうサラリーマンユーザーたちに「TENGAとの印象深い思い出」を、新橋駅前で聞いてみた。

 まずは、学生時代からずっとTENGAを愛用しているという若手会社員(26歳・IT)の声だ。

「貧乏学生だったので、コンドームをつけて何度も使い回したのはいい思い出ですね。今はアマゾンで買い溜めしているので、あの頃より少しは成長できたのかなと(笑)。今は既婚者なので、嫁にバレないよう、コンビニ受け取りを重宝していますね」

祝10周年!愛好家たちが熱く語る 「TENGAとの思い出」

「最初は友達に教えられて使いはじめたTENGA。今ではアマゾンで買いだめしてます!」

 貧乏時代のなんとも温かい話だが、衛生面を考えると使いまわしは避けるべきだろう。TENGAを使い始めた経緯も、人によってさまざまだ。

「最初の出会いは近所のレンタルビデオ店ですね。アダルトコーナーにTENGA EGGのガチャガチャがあったので、エロDVDのついでにちょくちょく購入。24時間営業のお店だったので、めちゃくちゃお世話になりました」(28才・飲食店勤務)

「大学時代に入っていたサッカー部のOB戦で、先輩が勝利チームの景品にとTENGAを買ってきたんですよ。僕らが勝って1人3個ずつ貰い、それを使い果たした後にもリピーターになりました(笑)」(25歳・IT)

 ほかに、こんなハートフルな話も出てきた。

「悪徳風俗店でひどいサービスを受けた後に、『このまま帰りたくない』とビデオボックスに行ってTENGAを使ったんです。そのときは慰めるような優しい感触で、……なんか救われた気がしました」(35歳・メーカー)

「前の会社を辞める際、嫌いだった上司から大量の“エッグ”を餞別で貰った。ずっと嫌な人だと思ってたんですが、『実はいい人だったんだな』と思わず感謝しました」(32歳・建設)

 また、その“見た目”に救われたという話も。

「受験勉強の息抜きに活用していました。一度、集中し過ぎたときに母親にバレそうになったことがあって……。でも、とっさに整髪料と装って難を逃れました。どう考えても、深夜にスタイリングするのはオカシイですけどね(笑)」(23才・人材派遣)

 延べ40人ほどに話を聞いたが、TENGAを見るとみんな一様に破顔し、10周年だということを伝えれば「10年後にはもっと進化していてほしいですね」なんて声も。男たちのTENGA愛は、どこまで続くのだろうか <取材・文/日刊SPA!取材班>

ハッシュタグ




おすすめ記事