雑学

妻たちが暴走する「ココナッツオイル・ブーム」…あの香りが苦手な夫の不満爆発

 ミランダ・カーなど多くのセレブが使っていることから、「美容と健康にいい!」と、ブームに火がついた「ココナッツオイル」。いまや女性の間では人気沸騰。輸入雑貨店からドラッグストアまでさまざまな店で売られ、格安なヴァージン・ココナッツオイルと少々値の張るエキストラヴァージン・ココナッツオイルの2タイプが、多種多様なパッケージで棚に並んでいる。

 その用途も、食用からお肌のトリートメントまで多岐にわたるのだが、「それに付き合わされるのもキツイ」とグチをこぼすのは、都内の会社員・大竹幸雄さん(仮名・30代)だ。なんでも妻が昨年末からココナッツオイルにどハマり。しかし、「僕は昔からココナッツの香りがメチャクチャ苦手なんです」という。

ココナッツオイル・ブームの裏で「ココナッツ嫌い」男から溜め息

家には大量のココナッツオイルの瓶が……

「朝起きると、妻はかならずココナッツオイルをお湯に溶かしてグビグビ。もちろん、自分だけならいいんですが、『ココナッツオイルは糖尿病予防にもいいらしいから、あなたも飲んで!』と、ほぼ強制で僕も飲まされます。カップから溢れる香りを嗅いだだけで『うぷっ……』となるのですが、毎朝ガマンして飲んでいる。僕からしたら油っぽいお湯だし、全然慣れませんね」

 また、同じようにココナッツオイルの虜になった妻に悩むのは30代フリーライターの近藤武さん(仮名・30代)。彼の場合は、「家で出される料理のほぼすべてにココナッツオイルが入ってくる」とか。

「炒め物にはもちろん全部ココナッツオイルを使い、チャーハンやカレー、トーストに塗ったり……。『エキストラヴァージン・ココナッツオイルだから臭みがないし、大丈夫でしょ?』と言われますが、そもそも僕はココナッツの甘い香りと、あと味も苦手なので、上質だろうがなんだろうがダメなんです。一度、炊飯器にココナッツオイルを混ぜてご飯を炊かれ、『さすがにコレはやめてくれ』とお願いしましたね」

 まるでエスニック料理店のようになった家に帰れば、待っているのはココナッツオイルの空きビンの山。ともあれ、苦手な人がグチをこぼすのも、それだけココナッツオイルが広まったということの証拠なのだろう。 <取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事