雑学

驚きの進化を遂げるヤンキーギャルファッション――ミニスカ特攻服、ヤンギャルセーラー、特攻ガウンまで

「夜露死苦」「バリバリ」「なめんなよ」。今の40代がまだ中高生だったころ、一世を風靡したヤンキーファッションが時代を超えて流行の兆しを見せているという。

 変形学生服や特攻服販売の最大手として有名なのが、岡山県玉野市の「プロス通販」。不良のバイブル的雑誌『チャンプロード』には、巻頭カラーで「アクティブな短ランは新入生にピッタリ!!」と衝撃的なキャッチコピーが入った広告が載っているが、10ページにもおよぶこのド派手でキャッチーな広告を出校しているのが同社なのだ。

「以前は複数社が特攻服を作っていましたが、廃業したりカジュアル衣料に転換したりして、現在はほぼ当社の独占状態です。売上はここ毎年、前年比アップで推移しています。卒ランについては、今年1月と2月で全国から300着以上の注文をいただいています」

 そう語るのは、ホームページで積極的に顔出しして名物キャラと化している米澤章雄社長。特攻服に15色のカラーバリエーションを持ち込み、異色の新機軸である特攻学ランやレディース特攻服などのデザインを自ら手がけるなど、ヤンキー界のファッションシーンを牽引する存在だ。

「特攻服というのは暴走族やヤンキーだけの特殊な服ではなくなって、もう若者のファッションのジャンルの一部になっています。だから、その流行り廃りを決めるのはお客さんではなく、お店の側。いくつも見本を作って雑誌やネットで広告を打ち、そのレスポンスを見て、プッシュしていく商品を決めていくんです」

 さて、やはり気になるのが最新のヤンキーギャルファッションだ。さっそくチェックしてみよう。

◆レディース特攻服

 大きく開いた胸元と、スペンサー丈で引き締まる腰回りがポイント。ミニスカでいざ特攻!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=827000

レディース特攻服◆ヤンギャルセーラー

 フロントがファスナーで大胆に開閉できる新発想は、特許取得済み。赤・紫・ピンクなど全12色

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=826999

ヤンギャルセーラー◆対色特攻学ラン

 赤×白、赤×黒などの組み合わせを対角線上に配置したド目立ちファッション

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=826752

対色特攻学ラン◆特攻ガウン

 格闘技の入場用に考案されたという新作。クールなたたずまいが魅力。長袖にも対応可能

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=826998

特攻ガウン なんとも特殊な進化を遂げたヤンキーギャルファッションの世界だが、けっこう可愛いかも!?

※3/31発売の週刊SPA!では「今どきヤンキーファッション考現学」という特集を掲載中。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!4/7号(3/31発売)

表紙の人/剛力彩芽

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事