エンタメ

“タレント・前園真聖”誕生秘話 きっかけは「あの事件」!?

 みなさんこんにちは! 『SPA!』の特命記者として活動中の前園真聖です。NOTTVのバラエティ番組『SPA!監修 秘密のゾノ』と連動しながら、日々気になるネタの取材に挑戦していますが、今回はテレビ番組でも共演している社会学者の古市憲寿さんを直撃取材。

 7月に出版された『保育園義務教育化』(小学館刊)で少子化対策を提言している古市さんに、「ではご自身の結婚観は?」というキラーパスを送ってみました。

特命記者・前園真聖が古市憲寿さんを直撃取材前園:ご自身の結婚観について伺いたいんですが、結婚願望はないんですよね?

古市:いや、してみたいですよ。でも同じ家には住みたくないです。

前園:結婚はしたいけど…同じ家には住みたくない……?

古市:玄関は分けたいですね。もっと言うと、同じマンションの違う部屋とかがいいです。どちらかが7階で、あちらは2階とか。

前園:せめて同じ7階でいいじゃないですか! あと古市さん、女性とキスするのもイヤなんですよね?

古市:重くないチューならいいんですけどね。というか、なんでみんなキスをするんですか?

前園:え?だってそういう教材を見てきましたから。

古市:教材って何ですか?(笑)。

前園:あるじゃないですか! いわゆる本から始まって、徐々にビデオに変わっていって、今はネットでも見られる一連のものが……。そういう教材から入って、やっぱり多くの人は実践形式でみんな試していくと思うんです。それで試してみると、「やっぱりキスをしたほうがモチベーションが上がる」とわかると思うんです。

古市:それも向上心ですか?(※「向上心」は前園がサインによく書く座右の銘)

前園:そうです、向上心です(笑)。でも古市さんのそういう考え方に、女性は付いてきてくれるんですか?

古市:そのあたりの不一致で仲良くなれない……ということはあるかもしれないですね。でも、それが普通のカップルとか夫婦だと、価値観が全然違ったとしても、セックスでうやむやにできるじゃないですか。それが羨ましいとは思いますね。

前園:うーん、そうですか……。

古市:ただ、日本人の夫婦はほとんどがセックスレスになりますよね。結婚して何年かで子供ができて、それでセックスをしなくなるなら、もう始めからセックスレスでいいと僕は思います。

前園:いやでも、付き合った当初はそういうことがしたくなるじゃないですか!

古市:だから僕は、恋人と結婚しないほうがいいかなと思ってるんですよ。利害だけで結婚したほうがうまくいくんじゃないかなって。

特命記者・前園真聖が古市憲寿さんを直撃取材 古市さんとは『ワイドナショー』(フジテレビ系列)という番組でよくご一緒させていただいていて、「変わった人だなぁ」とは思っていましたが、やはり一味違います。そしてキラーパスでゴールに迫ったつもりが、逆に鋭いカウンターを浴びることに……。

◆カウンターを食らう前園記者、“あの事件”をつっこまれる

古市:『ワイドナショー』でご一緒したときの姿しか知らないですが、番組の求める要求にきちんと応えていて、とても真面目ですよね。サッカーの試合について、本心では負けると思っているのに「勝ちます」と言ったり。

前園:言えないこともあるんですよ(笑)。

古市:でもバランスを考えて、頑張っている感じが伝わってきます。その頑張っている感じが面白いんだと思いますよ。いっぱいいっぱいな感じも含めて。

前園:(笑)。仰るとおり、いっぱいいっぱいですけど……。

古市:そのいっぱいいっぱいで、何をするか分からない怖さも魅力だと思うんですよ。実際に“事件”も起こしてるじゃないですか。

前園:はい(苦笑)。

古市:その絶妙なバランスが魅力なんだと思いますよ。逆に、自分では何が長所だと思っているんですか? メディアで面白がられている理由というか。

前園:全然わからないですよ。でも、僕はいじられることで、面白いと言っていただけるタイプ。僕自身が面白いことを言ってるわけじゃないんです。芸能界には本当にイジり上手な方が多いですし、僕は『自分から面白いことを言おうとしたらダメだ』と思っています。

古市:自分でウケを狙ったりはしないんですね。

前園:そうですね。あと、やはり事件を起こしたことについて、僕は常に反省をしていますし、同じような失敗をしないように、自分の行動にきちんと線引きをしようという意識があるのかもしれません。

古市:前園さんがいちばん調子に乗っていた時期はいつですか?

前園:それは現役の時ですよ。ピンクのポルシェ乗ってましたから。六本木でブイブイいわせてましたよ。

古市:そういう偉そうな段階はいつごろ抜けられたんですか?

前園:「偉そうな」って(笑)。でも、それこそ事件は一つのきっかけでしたね。調子がいいときは、やはり周りが見えなくなるんです。でも失敗をすると、自分の行動についても振り返るようになりますから……。

特命記者・前園真聖が古市憲寿さんを直撃取材 古市さんのカウンターは鋭かったです……。なお古市さんとは日本の未婚化問題や、日本のサッカー界を盛り上げる方法、スポーツ選手のセカンドキャリアなどについてもお話を聞いています。その様子は8/10(月) 23:00~放送のNOTTV『秘密のゾノ』にて放送されますので楽しみにしてください!

●前園記者のガチンコ体当たり取材の様子はNOTTV『SPA!監修 秘密のゾノ』隔週月曜日23:00~にて放送中 http://tv.nottv.jp/variety/secretzono/

保育園義務教育化

社会学者・古市憲寿が提言する、母や子供、日本を救う少子化対策




おすすめ記事