ニュース

ランニングにハマると老ける!? 皇居ランは「体にいい条件がひとつもない」

ランニング皇居周辺はランナーたちで連日の大渋滞、毎週末のようにどこかで開催されるマラソン大会も、瞬く間に参加申込みが一杯になる。これだけのブームなのだから、さぞかし身体に良いに違いないはず。ところが、

自分にあったペースで、正しく走らなければ、かえって健康を害することは十分にありえますよ

こう話すのは、健康スポーツ科学が専門の中京大学スポーツ科学部准教授・柿山哲治氏だ。

「ランニングはいわゆる有酸素運動で、ゆっくり長く続ければ、脂肪を燃焼して健康にもいい影響を及ぼします。ですが、最近のランナーたちは、競うように速度をあげて走っている。それでは身体に負担がかかり、活性酸素も過剰に発生してしまいます」

活性酸素には、体内の有害物質を分解してくれる働きもある。しかし、多すぎると有益なものまで分解してしまい、老化を早めたり、生活習慣病の原因になる。その活性酸素が、ランニングにより大量に発生するというのだ。

「最大酸素摂取量の50%程度の運動ならば問題はありませんが、それを超えた激しいペースになると、活性酸素の発生量は急増。老化を早める原因になることは考えられます」

また、ランニングには他にも活性酸素を増やす要素があるという。

「都心部でのランニングは、多くの紫外線と排ガスにさらされることになります。これらも活性酸素を増やす大きな要因。つまり、昼間から皇居の周りを何周も走るのは、体にいい条件がひとつもないんです。そんな状況では、体だけでなく心理的にもストレスが溜まる。お勧めできません」

やはり過度のランニングは、老化を早めるようだ。

※11/29発売の週刊SPA!「ランニングにハマると老化が加速する!?」より

取材・文/週刊SPA!編集部

週刊SPA!12/6号(11/29発売)
表紙の人/映画『けいおん』

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ハッシュタグ




おすすめ記事