一つ言葉にすれば 一つ何かが変わる(1)

写真1

藤田麻衣子著『一つ言葉にすれば 一つ何かが変わる――願いが叶っていく58の気づき』(育鵬社)

『雨音』

 まもなく梅雨がくる。  鬱陶しい季節をなるべく心地よく過ごすことができれば……。  そんな気持ちで「雨」というキーワードで楽曲を検索し、ヒットしたのが「雨音」という曲だった。  誰が作ったかにはほとんど関心はなく、その曲がこれから始まる雨の季節に“役立つもの”(BGMで流したときに仕事がはかどるもの)であればいいのだが……、との淡い期待を抱いて。自宅での編集作業でノートパソコンに向かい、文字を打っていたのである。  歌が流れた。  聴き入るつもりはなかったのだが、その声がすっと入ってきた。  歌詞とメロディも心に残った。  独特の世界観を感じた。  「雨音」を初めて聴いたときの印象である。  誰の曲? 藤田麻衣子??  初めて目にする名前だった。  どんな人?  仕事の手を止めて、「藤田麻衣子」を検索してみた。  これが藤田麻衣子さんの歌との最初の出会いである。  2010年5月。  まもなく梅雨がやってくるころ。  そして10年後。  雨の季節を前に、藤田さんの初となる本の編集を担当し、育鵬社から刊行することになろうとは夢にも思っていなかった。  2020年6月2日発売、藤田麻衣子著『一つ言葉にすれば 一つ何かが変わる――願いが叶っていく58の気づき』(育鵬社)は、「オーケストラとともに歌を歌いたい」という夢を描き20歳で上京した一人の女性シンガーソングライターが、夢を追い、叶えていく軌跡(奇跡)を綴ったエッセイである。  老若男女の藤田麻衣子ファンには待望の一冊。  そして未来のファンにとっては、素敵な出会いのきっかけとなる一冊となりますように。 (文:育鵬社編集部O) 
一つ言葉にすれば 一つ何かが変わる 願いが叶っていく58の気づき

切ない恋愛ソングや人生の応援ソングなどで若い女性を中心に老若男女の幅広いファンを持つシンガーソングライター藤田麻衣子、初の書下ろしエッセイ。

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事