[炎上企業]で働く悲劇

朝日新聞、たかの友梨、日本マクドナルド、すき家、JR北海道etc. 不祥事企業の労働者は今も苦しんでいた! 朝日新聞社、すき家のゼンショーHD、たかの友梨――。不祥事や社長の不用意な発言がSNSで拡散し、炎上する企業が巷には溢れている。ニューメディアリスク協会のデータによれば、炎上企業は年々増え続け、’14年(8月時点)の炎上数は367件に上るという。小誌でも、会社員300人にアンケートを実施したところ、11%の人が「炎上経験あり」と回答。10人に1人は炎上企業に勤めた経験を持つことが判明した。もはや対岸の火事とは言えない、所属企業の炎上リスク。その会社で働くということはどういうことなのか。そこで、小誌では実際に炎上企業で働く社員を直撃。その騒動の裏側で繰り広げられた社員たちの嘆きに耳を傾けてみた。
  • 表紙の人/

    TIF選抜
2014.10.20