「馬喰町」古問屋街のパッとしない印象(?)からオシャレなアートの街に変貌

「ブルーボトルコーヒー」が清澄白河に日本1号店を出したとき、なぜ?と思った人もいただろう。しかし、今や、東京の東半分は「ハイセンス」な街へと変貌しているのだ。街と人、ライフスタイルの変化を探ってみた。

イースト・トーキョーの第2期ムーブメントを起こしているのはココ!


 都内屈指の小間物繊維問屋街であるこの周辺。大半の人にとっては「『ばくろ』って読み方が難しい」「地下駅の構造がわかりにくい」くらいの印象だろうが、ここは「アート」志向に変貌中。

アガタ竹澤ビル

古いビルだがギャラリー、カフェ、雑貨店等が集い馬喰町のランドマークに

「’00年代はアート・デザイン・建築の複合イベント『セントラルイースト東京』で名を馳せ、ギャラリーやショップが増えました。アガタ竹澤ビルという建物には、面白いお店が集まっています。例えば1階には山形の食材を使った定食を提供し音楽イベントも定期的に開催する『フクモリ』があり、3階には『MARKTE』(マルクト)というドイツ雑貨のお店が入っています」(Webサイト「東東京マガジン」編集長・今村ひろゆき氏)

 そのため若い世代には「こじゃれたアートの街」「ギャラリーが街中にフツーにある感じが好き」なんて思われており、古い問屋街も「プロのための街っぽくて良い」「ショーウインドーの鞄を見るのが好き」と好意的に受け取られている。今や「馬喰町のギャラリーを覗くだけで『それっぽい感』を醸し出せる」なんて声も。

― 東京の下町が「イースト・トーキョー」になっていた ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中