40代以上の中年が「買ってはいけないユニクロ」ワースト3

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第72回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今回は40代以上の読者に向けて、つい買ってしまいそうだけど、「買ってはいけないユニクロ」を特集します。若々しく見られるためには何を買ってはいけないのか、ぜひご参考に。

ワースト3位:「加齢とともにベージュを着たくなる病」に負けるな!!

40代以上の中年が「買ってはいけないユニクロ」ワースト3

ベージュ病にかかるな!

イージーケアツータックチノ 2990 円(+税)

 なぜか歳をとるとベージュを買いだすのか。くすみの出てきた自分の肌と相まってカムフラージュのつもりなのでしょうか。さらに加齢を重ね、50、60代ともなるとアウター「ベージュ」、インナー「ベージュ」、ボトムス「ベージュ」とワントーンコーデを実践する方も増えてきます。私の田舎の親戚はそこへさらにベージュのサファリハットをかぶって、ベージュの車に乗って出迎えてくれます。どんだけ好きなの……。

「黒は礼服やスーツっぽい」
「白は汚れが目立つ」
「明るい色は派手すぎる」

 そんなふうに考えているのか、はたまた無意識なのか定かではありませんが(ちなみにウチの親戚は「なんとなく」と答えておりました)、ともあれベージュは中年が好む色ですが、イメージ的にも「くすみ」「色褪せ」を意識させてしまい加齢をさらに強調する結果となります。

 大人になればなるほど、クリーンな色を好むべき。シワやくすみなど経年の蓄積によって顔や体にヴィンテージ調の「味」が生まれてくるからです。洋服のスタイリングって全身ヴィンテージで合わせたら「ただの汚い古着スタイル」になるのですよ。パリッとした白シャツにヴィンテージデニムを合わせるから「アクセント」となりバランスが生まれ格好よさが出るのです。

 顔や体に「味」が出てきたら、選ぶ洋服は真っさらな白シャツやシックな黒パンツなどクリーンなほうがバランスは取れます。

 こういったトラウザーもついついベージュやカーキを選んでしまいがちですが、白黒ハッキリとしたクリーンなものを選びましょう。またこのパンツ、ツータックでかなりゆるめのサイズ感。しかもベージュで加齢をイメージさせ、もっさりとした太めシルエット。このパンツを履くだけで見た目年齢が5歳はUPします。若々しくおしゃれに見せたいなら、できればノータックの細みを、そして色もクリーンな黒や白などを選びましょう。

次ページワースト2位

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中