兵庫県警も激怒! 神戸山口組「サインくださぁい」攻撃の笑撃度

兵庫県警察本部

兵庫県警察本部(Bakkai撮影 CC BY 3.0)

 山口組の分裂騒動から1年が過ぎた折、衝撃的な騒動が起きた。「定例会」と呼ばれる会合に出席するため、新神戸駅を降車した司忍・六代目山口組組長を待ち構えていたのは、敵対する神戸山口組の傘下組員十数名。すわ乱闘か――と思いきや、発した言葉が想定外すぎた。

「サインくださぁい!」

「サインくぅ~ださぁぁい!」

 マスクをした男たちは手に色紙とサインペンを持ち、怒号スレスレの荒っぽい言葉を司組長に投げかけたのである。

 挑発を受けた六代目山口組は、冷静だった。二次団体幹部が語る。

「捜査員を壁に遠くから『サインください』と言ったようですが、駅構内から出た後だったので司組長は気づかなかったそうです。指揮を執ったのは山健組の本部長と言われているが、GOを出したのは織田(絆誠・神戸山口組若頭代行)でしょう。“サイン攻撃”は司組長を侮辱するとともに、『神戸は我々のものだ』とマスコミを通じてアピールしたかったのでしょうが……あの様子を見てどう思います? 彼ら、してやったみたいな顔してましたけど……あの感性は信じられない。なにせ、向こうの親方(井上邦雄・神戸山口組組長)はニュースであの映像を見て激怒し、本部長を叱責したそうですから。織田は織田で『本部長の判断でやったこと』という態度らしく、山健組内でもサイン攻撃には異論が出ている。司組長の車がとっくにいなくなった後、最後までサイン、サインと言って興奮しながら叫んでいたのは織田に従う者だったそうですから(笑)」

次ページ「神戸山口組は何をやってるんだ?」

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中