モー娘。鞘師里保「センターからの景色は怖かった」

鞘師里保

鞘師里保

 今年でグループ結成15周年を迎えたモーニング娘。はメンバーの大幅な新陳代謝をし、様変わりした。この夏、記念すべき50枚目のシングル「One・Two・Three」から、センターポジションを任されたのはまだ14歳の鞘師里保。ファンにとってもサプライズだったこの“人事”を本人はどのようにとらえているのだろうか?

「私、最初のダンスレッスンの日、体調不良で休んだんですよ。で、その日のレッスンのビデオをもらって家で見たら、私の担当の先生が三角の一番真ん中にいたんです。『え? ウソ!?』って思って。体調不良で休んでいるのに、こんな自分で申し訳ない気持ちになりました」

 その後、初めてライブでセンターに立ったときにはすごいプレッシャーを感じたという彼女。センターからの景色は「いつもは、隣や前に誰かいるんですけど、自分の視界に誰もいないんです。怖かったです」という。

「でも、歴代のセンターの人たちの中で埋もれないようにしたいです。それに、ファンの方たちに『センターの鞘師がこんなんだったら応援している自分たちが恥ずかしいじゃないか!』っていうふうに思われたくないなって」

 ファンからはダンスに定評のある鞘師。今後、どのようにしてモーニング娘。を引っ張っていくのか、要注目だ。

※週刊SPA!10/23発売号の「エッジな人々」では、さらにたっぷりと鞘師里保のパーソナリティに迫っている。ご一読を! <本誌構成/篠本634(short cut) 撮影/八尋研吾 再構成/SPA!編集部>

週刊SPA!10/30号(10/23発売)

表紙の人/Milky Bunny

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中