エンタメ

2児の母・安倍なつみの子育てスタイル。「人それぞれと思ったらラクになった」

 2021年8月に40歳の誕生日を数え、人生の節目を迎えた安倍なつみさんが、大人気TVアニメシリーズの劇場版最新作『パウ・パトロール ザ・ムービー』(全国公開中)で、ハリウッドアニメの吹き替えに初挑戦しました。元気いっぱいの犬のリバティ役を好演しており、約3年ぶりのメディア露出となります。
安倍なつみさん

安倍なつみさん

 安倍さんは、2004年に6年間活動を続けてきたモーニング娘。を卒業後、私生活では2015年に結婚。現在は2児の母として子育てにも奮闘する日々だそうですが、「子どもと一緒に泣いた日々もありました」とその大変さを語ってくれました。 【女子SPA!より転載。リンクなど元記事に移動します】⇒女子SPA!トップへ

普段の自分とはまったく違う、明るくパワフルな役柄

――今回の『パウ・パトロール ザ・ムービー』で演じたリバティは、新キャラクターでしたね。 安倍なつみ(以下、安倍):リバティは新しい仲間になるのですが、今回この作品全体を引っ張っていく役割もあり、あきらめないことの素晴らしさを体現しているところもあるんです。子どもたちだけではなく、家族みんなで楽しめる作品になっていると思います。 ――とても元気なキャラクターでしたが、アフレコは大変でしたか? 安倍:そうですね。今までも何度か経験があるのですが、今回の作品や役柄については本当にこれまでとは別物というか。自分がイメージしていたキャラクターよりも、はるかにテンションも違いました。明るくてパワフルな子なので、普段の自分ともまったく違います。リバティになりきって作品にグッと入り込み、わたしも本気で臨みました。 ――お子さんが喜びそうな作品だと思いますが、ご自分にとってどういう作品になりましたか? 安倍:最初にこの作品に自分が出るというリリースが出たときに、想像以上の反響が自分のまわりでもあったんです。それだけ人気がある作品だということを実感したのですが、まったく知らない方にも「今度出られるんですね!」と話しかけられたりして。それだけで満足しそうにもなりましたが(笑)。でも、最初はこのお仕事お受けするかどうか悩みました。

出演の決め手「子どもの喜ぶ姿が目に浮かんだ」

作中のキャラクターのぬいぐるみを抱く安倍なつみさん

作中のキャラクターのぬいぐるみを抱く安倍なつみさん

――出演は何が決め手になりましたか? 安倍:子どもたちが喜ぶ姿が目に浮かんで、お受けすることにしました。アフレコに臨み、こういう取材などの宣伝活動をしながら今に至るのですが、ここまでの子どもたちや周りの反響をみても、受けてよかったなと思います。すごい作品の一部になれた、報われた感じがして、改めて感謝しています。 ――仕事の再開には、何か理由がありましたか? 安倍:少し前にナレーションのお仕事をさせていただいたのですが、それを観た子どもたちがすごく喜んだんですよね。「ママの声だ!」と言って騒いでくれたりして、そのときのわたしにとっては最高のリアクションだったんです。そういう子どもの反応を直接感じて間もなかったタイミングにいただいたお話だったので、やらない理由はなかったですね。 ――育児や家事、これまでの3年間はいかがでしたか? 安倍:一言では言い表せないですね。大変なことがほとんど(笑)。子どもを育てることはラクではないけれど、でもそれと同じくらいの感動もあり、子どもに教えられることもたくさんありました。自分を見つめる瞬間もある。「へなちょこかあちゃんだ、こんなんじゃダメだよな」と思う瞬間もありました。子どもと一緒に泣いたこともありました。
次のページ
2児の母。子育てのスタイルは?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事