突然フェイスブックにハマる中高年の不思議

SNS  飲み会などで料理が運ばれ、テーブルに置かれた瞬間、四方からスマホをかざす手が伸びて、やにわに始まる撮影会。あるいは、「Facebookやっておりますので、よろしければ……」なんて言葉を添えられての名刺交換。こんな風景を目にしたこともあるだろう。

『情報通信白書』平成23年度版によると、42.9%の人がツイッターやFacebook(FB)などなんらかのSNSを利用していると回答。一国の首相がFBを使い、自ら「首相動静」を公表しているご時世である。SNSが社会を変えたかどうかは知らないが、すでに“当たり前”のものであることは確か。で、そんななか、やたら元気なのが、どうやらOver40のオッサンたち。

 例えば、FB。昨年11月の段階で1670万人超を誇った日本のユーザー数だが、今年に入って1380万人へと激減。特に若い世代のFB離れが著しいそうだが、中年層は変わらぬようで。最近、FBにハマりだしたという40歳以上に話を聞くと……。

「友達申請をして承認してもらえることがうれしいし、私が書き込んだことに、いいね!と言ってもらえるとやはり、気持ちがいいですよ。いいね!の多さは、人々の関心のバロメーターだから」(47歳)

「連絡がとれなくなっていた旧友と再会でき、ン十年ぶりに同窓会を開催。リアルでのつながりも復活することができました」(45歳)

「自分の思っていることをコメントすると、誰かから何かしらの反応があって、そこから友達の輪が広がっていくのが刺激的」(51歳)

「長期失業中でうっかりすると誰とも話していないという一日も珍しくない。社会とつながっていると実感できるツール」(43歳)

 とまあ、「人間とは、本能的につながりたい生き物なのです」(マーク・ザッカーバーグ)というのをしみじみ思わされる。とはいえ、だ。

「一日何十ツイートしていても誰からも相手にされなかったおじさんが、ツイッターからFBに移って、『いいね!』やコメントに浮かれて、やたら元気で頻繁に投稿しているのが痛々しい」(29歳・女)

「旦那の上司が友達申請してきて迷惑。断ったら旦那の査定に響くのではないかと……」(35歳・女)

「その人の投稿で埋め尽くされる状態が不快」(31歳・女)

 寂しいのか、語りたいのか、暇なのか。SNSでの中年の無邪気すぎる書き込みを寒々しく思っている人は少なくない。ともすると、

「『友達』になっている40歳以上の男性の9割は非表示」(31歳・女)

「SNSって表面上ではつながっていても、ウザければスルーしたり、ブロックしたり、非表示にしちゃうから別に気にならない」(31歳・女)なんてこともあり。

 つながりを実感しているのはオッサンばかり、なんてこともあるようで、これこそ、痛々しい。

 オッサンのフリみて我がフリ直す契機になれば幸いである。

イラスト/小松 恵
― オッサンのSNSが気持ち悪い!【1】 ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中