【アイドルカレッジ画像集】CDセールス1万枚越えで勢いづくか!?

 まだまだ今年も女性アイドルグループの勢いが止まらない!

 なかでも「アイドルカレッジ」(略称:アイカレ)の成長には注目だ。今年2月に念願のメジャーデビューを果たすと、そのシングルでセールス1万枚を1ヶ月で達成した。グループアイドルが乱立するなか、しっかりとファンをつけセールス1万枚の壁を突破してきたのは素晴らしい。

アイドルカレッジ

正規メンバー10名の写真

 今、上昇気流に乗る彼女たちの魅力をライブを通して紹介する。

⇒正規メンバー10名の写真を紹介
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=417370


 取材したライブは3/30に行われた『アイカレ文化祭 Saturday Club Special』(渋谷マウントレーニアホール開催)。このライブは、アイドルカレッジ春祭り『アイカレ文化祭2013』supported by JOYSOUNDと銘打った3日間連続のイベントの2日目の夜にあたる。

アイドルカレッジ文化祭

本当の学校でやるような文化祭をイメージ

 当日のライブイベントではまず練習生が登場した。インディーズ時代にCD化した楽曲である『いちごパフェ』『雨のち晴れ』など6曲を披露し、ファンにアピール。「アイカレ」は、もともと“未来のアイドルをみんなと育てていこう”、“アイドルだけど伝えたいことがある”をテーマに芸能活動をしていなかった女の子たちを、イベントを行いながら成長させていくプロジェクト名のことで、練習生と言われるコも在籍しているのだ。彼女たちもライブやイベントの限られた時間で自分をアピールしていかなくてはいけない。

⇒練習生のステージの模様 http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=417391

 練習生のステージが終わると、すぐさま正規メンバーのライブが始まった。こちらはメジャーデビュー曲『少女卒業』からライブをスタートさせる。この曲はメンバー10人の振りの掛け合いが可愛らしく、曲も覚えやすいのでアイドル楽曲としては入りやすいナンバーだ。

⇒ライブの模様はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=417396

 ライブでは計15曲を披露したのだが、ももクロの楽曲を手掛けた前山田健一が作曲した『な・り・あ・が・り☆』、恋愛感情を歌った『制服恋物語』、タオルを振り回す『one for all』、ダンスはなく歌だけで表現する『強くなりたい』などいろんな楽しめる要素を取り込んでおり、アイドル初心者向けのグループといった感じもある。現在、ホームグラウンドにしている渋谷マウントレーニアホールは席が常設されているため、ファンも大きく動き回ることができないので、あまり全力で動くのが苦手という人も入っていける環境ではないだろうか。

 アイカレをもっと知るべくグループ内人気投票で1位と2位に輝いた重本未紗ちゃんと床爪さくらちゃんに話を聞いた。

⇒【後編】へ続く インタビュー「47都道府県全部回りたい!」
http://nikkan-spa.jp/418140


【イベント情報】
5月4日渋谷マウントレーニアホールにてワンマンライブ決定!

<取材・文/ヤスオ 撮影/西田周平>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中