エンタメ

「スーパーソニック2021」30代フェスおじさん記者が抱いた“1/3の複雑な感情”

 もう、「フェスに行った」なんてインスタに投稿できないのではないかーー。  それが10年以上フェスを愛好する30代の“フェスおじさん”を自称する記者が会場をあとにしたときの率直な感想だった。  8月28、29日に愛知県常滑市で開かれた野外フェス「NAMIMONOGATARI(波物語)」が今なお炎上している。  炎天下超満員の中、ノーマスクを放置して酒類の提供をした結果、40人以上の新型コロナ感染者が発生。こうしたフェスへの批判的な視線が向けられている中、9月18日から2日間にわたり開催されたのがZOZOマリンスタジアム(千葉県千葉市)で開かれた音楽フェス「SUPERSONIC 2021」だ。  当地では約20年にわたり、「SUMMERSONIC」が開催されてきたが、コロナ禍により昨年は中止、今年は代替イベントとして開催が決まっていた。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

◆「SUPERSONIC 2021」“泣きっ面に蜂”状態での開催

SUPERSONIC 2021

厳戒態勢のなか、開催された「SUPERSONIC 2021」

 日頃より運転中EDMをかけ、車内で大声で歌っている記者は、2019年以来のリアル会場で開かれる「サマソニ」を複雑な感情を抱きながらも参加することに決めた(一番好きなのはベタだが故・Aviciiだ)。  だが、18日当日の天候は14号が日本列島に近づいており、「雨のちくもり」の予報。  さらに、出演予定だった海外アーティスト「KYGO」「FRANK WALKER」の2組が来日をキャンセルしたこともあり、昨今のフェスを取り巻く状態も含め、“泣きっ面に蜂”状態での開催だ。  果たして、現在進行系で炎上中の音楽フェスは批判の対象になる内容だったのだろうか。その一部始終を振り返る。

◆青山テルマ風の若者、素直にアプリを落とす

SUPERSONIC 2021

朝から台風14号に伴う悪天候が続いており、レインコートを羽織った参加者の姿が目立った

 当日12時。  小雨降る中、雨合羽を着てZOZOマリンスタジアムに到着した記者がまず驚いたのは、参加人数に対するスタッフの多さだ。  マスク姿のスタッフTシャツを着た男性が入場列に3メートル間隔でスタッフが立っている。
SUPERSONIC 2021

掲示と巡回するスタッフにより、繰り返し感染症対策の徹底が注意喚起された

「公式アプリと、厚生労働省の接触確認アプリCOCOAのダウンロードをおねがいします!」  入場前にスタッフからそう言われ、万が一感染した場合にクラスターを追えるよう、アプリの登録となんと顔写真をアプリに登録必要があるのだ。
次のページ
厳重な手荷物検査と空席が目立った客席
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事