アラフォー独身女性に多く見られるSEX感

 男には「どんな女でもいいからとにかくSEXしたい」と思うときがある。では、その逆はどうだろう? 20~30代の女性50人に聞き込み取材を行ったところ、実に86%が「どんな男でもいいからSEXしたくなるとき」は「ある」と回答!

 女たちのナマの声をもとに「どんな男でもいいからSEXしたがってる女」を代表的な4タイプに分類。今回は「現役最終試合型」の見分け方を解説。そんな女を見つけたら、ちょっと飲みに誘って軽く口説く……それだけで「棚ボタ」的にヤレるというわけだ。労少なくして実り多い、革命的SEX指南をご堪能あれ!

<現役最終試合型>
◆このままSEXせずに現役を卒業してしまうのが怖い……

モテ, 女の生態 長期間彼氏がいない、もしくは彼氏がいてもセックスレスという、いわゆる「ご無沙汰女」が、自分の女としての価値観を再確認するために見境のないSEXを受け入れてしまうパターン。節目の年齢が近づいているご無沙汰女は「このままセックスレスで現役を卒業してしまうのか」というモヤモヤを抱えがちなので、ピンポイントで34歳、38歳、39歳に多く見られる。

「女」であることをあまり強調しないタイプなので、合コンや同窓会などの集団戦では影が薄く、その手の集まりへの参加は消極的。一方で、サシ飲みでは急に大胆に。出会い系の利用率も意外に高い。

◆経験談:重めの口説き文句は逆効果。断られたときがセンスの見せどころ!

「若いころは、SEXをマジメに考えすぎていましたね。『この人、私のこと好きなのかな』とか、『遊ばれているんじゃないか』とか。今なら、ぜんぜん気楽にSEXできます。むしろ『今のうちに楽しんでおこう』って感じ(笑)。『それ(結婚や恋人)はそれ、これ(一夜限りのSEX)はこれ』と、男性的な目線が出てきました」――南田絵里さん(仮名・34歳)は、淡々とそう話す。

「あくまで楽しみたいだけなので『好き』とか余計なことは言わないでほしい(笑)。以前、ぶっちゃけトークもできる男友達に誘われたんですが、その彼がよかったのは、しれっと『ウチ、来る?』と言ったところ。最初は断ったんですよ。『友達だからムリ』って。すると彼『友達でも、3回までならOKらしいよ』って言ったんです。思わず『そうなの? じゃ、いっか』と。男の人は、女性から断られたときの返しが大事。その対応で彼のセンスを測っている部分があるし、内心『押してほしい』と思っているわけですから」

◆棚ボタへの王道

 人生にSEXの占める割合がさほど大きくないため、(SEXしたいという気持ちはあっても)中途半端な口説きでは腰を上げないタイプ。一方で「ウチに来いよ」「ホテルに行こう」などのストレートな誘いには、比較的あっさり乗ってくる。もっとも、唐突な誘いは効果薄だ。

「このタイプの女性にとって、SEXは恋愛行為というよりコミュニケーションの延長。しっぽり2人で楽しく飲んで、『終電なくなったね』→『じゃあホテル行こう』みたいな流れが王道です。“せっかく今まで楽しくおしゃべりしていたのに、ここでヘンな駆け引きをするのもなんだよね”という気遣いが働くんですね。2時間以上サシで飲める相手なら、基本的にSEXできるはず」(恋愛エッセイスト・春乃れぃ氏)

※そんな「現役最終試合型」女子の見分け方はコチラ
⇒http://nikkan-spa.jp/511952


― その女のサインを見抜くだけ![棚ボタSEX]革命【5】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中