近い将来、常食になる? ゴキブリを食してみた

農作物や在来種に被害をもたらし、生態系を脅かす鳥獣たち。しかし、見方を変えれば「害獣」は高級食材でもある。工夫次第で益獣となりうるこれらを実際にいただいて調査してみた!

◆近い将来、常食になる? ゴキブリを食してみた

齊藤正明

映画を見ながらゴキブリを食べてくつろぐ齊藤さん。「ボクにとってゴキブリはポテチみたいなものですよ」とパクパク。傍らにはゴキブリがコソコソ音を立てる飼育箱も……

 人類の目の前に迫った食糧危機に備え、国連の食糧農業機関、WFOはどこにでもいて高タンパク低カロリーの“昆虫食”を提唱しているのだとか。というわけで、最も“どこにでもいる”虫、ゴキブリを食べてみた。調理してくれたのは、昆虫採集が趣味という齊藤正明さん。自宅では、約100匹のゴキブリを飼育中だとか。

「飼っているのはアルゼンチンモリゴキブリという品種。このゴキブリは飛ばないし、水を切らさず冬はヒーターで暖かい環境にしておくだけで、勝手に増えていくので、とても飼いやすいんです」

 で、その増殖したゴキブリをおいしくいただくというわけだ。気になる食べ方は……。

「素揚げして塩コショウがオススメ。エビのから揚げのようなサクサクした食感で、特にヘンな味もしないですし、先入観を捨てれば手軽においしく食べられますよ」

 というわけで、さっそくいただくことに。メスは羽がなくナウシカのオームのようで、羽のあるオスはまさにゴキブリそのもの。ハッキリ言って気持ち悪い。目をつぶって口に放り込むと……。

 確かに齊藤さんの言葉どおり、サクサクと心地よい食感。やや分厚いメスは噛むと身がプチッと弾けて具がトロッとする感覚があるものの、エグイ味が口の中に広がることもない。これなら目隠しをして食べたら、ゴキブリだと気づかないかも! とはいっても、やっぱりゴキブリはゴキブリ。もう一度食べろと言われたら……それはお断りです!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/557130/bkr_131224_19

― [害獣グルメ]食ってみたら美味かった【6】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中