直木賞作家・姫野カオルコ、こだわりの“親指シフト”について熱弁

姫野カオルコ 初めて直木賞の候補になって17年、5回目のノミネート作品『昭和の犬』で、ついに受賞を果たした姫野カオルコ氏。受賞会見にはジムから直行したというジャージ姿で臨んだことも大々的に報じられた。作品同様、会見でもウイットに富んだ切り替えしを見せ、ユーモアを忘れないサービス精神旺盛な彼女だが、文章を書くにあたってはあるデバイスが貢献しているという。

 例えば『ツ、イ、ラ、ク』という作品の「ヤッて犯ってヤッて犯って」の夥しい繰り返しをはじめ、姫野作品には言葉の反復がかなり意識的に使われているが、「あれも言葉を見たときに、頭に直接イメージとリズムが伝わればいいなと。ああいう表現には親指シフトキーボードが非常に貢献してくれています」と姫野氏は語る。

 親指シフトキーボードとは富士通が開発した日本語入力用のキーボード。独自の文字配列と、通常、中央スペースキーのある部分に配置された左右2個のシフトキーが特徴で、効率的な日本語入力を実現したキーボードとして根強いファンがいる。

「親指シフトキーボードというのはローマ字入力のキーボードと違い、一番よく使う『かな』がラクにタッチできるようになっているので、頭に言葉が浮かぶスピードと指の動きをほぼ一致させることができるんです。おかげで本来の日本語のリズムを壊さずに済む。でもこういう取材の場で『親指シフト』って口にするたびに、みなさんキョトンとされるんですよね……」

 姫野氏は直木賞の受賞会見でも親指シフトキーボードについて強調し、報道陣はざわついていたという。

「先日、『王様のブランチ』に出演させてもらったのですが、2時間収録したうちの半分ぐらいは親指シフトの話をしたのに、オンエアではすがすがしいほどあっさりカットされていたんです……。本当にすばらしいんですよ? 親指シフト……」

 書き続けるモチベーションを聞いても、「モチベーションじゃないんですよ。書くことしかできないからやっているんです。この年だし、ほかの仕事はもう無理。でも、親指シフトを使って速記の仕事ならできるかも……」と語る姫野氏。

 作家には筆記用具に強いこだわりを持つ人も多い。かつては万年筆や原稿用紙へのこだわりを語る人も多かったし、10年ほど前はパソコンでの執筆ではなくワープロでの執筆にこだわる作家も多かった。ネットで調べると親指シフトキーボードの価格は1万5000円以上はするようだが、直木賞作家にここまで勧められると使ってみたくなってしまう……。

<本誌構成/倉本さおり 撮影/尾藤能暢 再構成/SPA!編集部>

※現在発売中の『週刊SPA!』2/25発売号の「エッジな人々」では姫野カオルコ氏のロングインタビューを掲載中。親指シフト以外に、当然のこどく作品の話、そしてダンスの話を語っている。

週刊SPA!3/4号(2/25発売)

表紙の人/夏帆

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
昭和の犬

滋賀県に生まれた柏木イクが両親、犬、猫たちと共に過ごした半生を描く。姫野カオルコの自伝的小説ともいえる作品

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中