中国で日本企業をしゃぶり尽くす「仲介役」の多重詐取方法

残念ながら、もはや見慣れた光景となってしまった「中韓での反日運動」と「日本での嫌中・憎韓運動」。しかし、それらの現象を単なる“隣国憎悪”で片付けてしまっては、事を見誤ってしまうこともあるようだ。“愛国者”や“排外主義者”の皮をかぶりながら、そろばん勘定を欠かさない連中は果たして何者なのだろうか?

◆日本企業をしゃぶり尽くす「仲介役」の多重搾取法

中国  ’12年の大規模な「反日暴動」以降、中国では日本企業が極端に蔑ろにされた時期が長く続いた。ビジネスの許認可権を持つ中国の役所に出入りできなければ、日本企業や駐在員は仕事にならない。

「日本企業は、役所にアポを入れても“時節が悪い”などの理由で断られる。中央官庁の揃う北京はもちろん、地方都市でも話になりません。そこで突如現れたのが『仲介役』です」

 そう語るのは、中国のとある地方の政府役人だ。

「彼らは日本企業と役所の間に割って入ろうと近づいていく。そして『日本企業の環境技術は優れており、ぜひ納入したいが、時節柄難しい。私の知り合いの中国系企業の名前で入札し、日本企業は下請けに回るということでどうだろうか?』と持ちかけるのです」

 仲介役は国有企業を使って、巧みにビジネスを転がして、甘い汁を吸う。反日が激しくなればなるほど、狡猾な彼らは動きを強める。

「日本企業が仲介役からの提案に応じれば、中国の国有企業が落札します。そして、仕事は下請け役の日本企業に回るのですが、当然、仲介役がかなりの額をハネることになります」

 仲介役はピンハネだけでは飽き足らない。さらに中国企業への技術移転の話をも持ちかけてきたというから、日本企業にとってはまさに“泣きっ面に蜂”状態である。

※画像はイメージです
取材・文/【反日・嫌中・憎韓】ビジネス取材班
― [反日・嫌中・憎韓]ビジネスの正体【5】 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中