なぜこうも「意識高い系」ワードが世にはびこるようになったのか?

頭よさげな言葉や、やる気に満ちた言葉で自分を過剰演出することでしばしば揶揄される「意識高い系」。彼らの言葉は、なぜ人の心を逆撫でするのか? その境界線は受け取る側の世代や属性で変わるのか?

◆優越感を持って使うか否かが「意識高い系」ワードの境界線

なぜこうも「意識高い系」ワードが世にはびこるようになったのか? なぜこうも「意識高い系」の言葉が世にはびこるようになってしまったのか。『「意識高い系」という病』(ベストセラーズ)などの著書を持つ評論家の常見陽平氏はこう語る。

「僕の認識では、’00年代ぐらいからカタカナ系のキーワードはすでに存在していました。これらはリクルートをはじめとする社員の意識が高い企業や『日経ビジネスアソシエ』『THE21』『プレジデント』など雑誌の影響が大きく、海外のエリートに憧れている人ほど使いがち。横文字系の言葉は、使うだけでなんとなく『デキる人になったような気になる』のがポイントでしょうね」

 ただ昔からこうした定番の横文字系キーワードが存在していた一方で、「『意識高い系』の言葉がより一層存在感を増すようになったのは、TwitterなどSNSが登場し始めた’09年前後からでは」と続ける常見氏。

 SNSの登場で有名人たちがより身近な存在になり、彼らのような成功者になりたいワナビーな人が急増。少しでも知名度や存在感を上げるため、Twitterフォロワーやシェアの数、Facebookのいいね!の数=自分の能力と勘違いする人が増えたという。

「ほかにもブラック企業が従業員のモチベーションを上げるため、『自分磨き』『頑張る自分』『人材』などの美辞麗句で社員を持ち上げるポエムの登場や、教養ブームによる『難しいことを知っている博識な人のほうが偉い』という風潮もある。また、『ノマド』など『会社に縛られない新しい働き方』を提唱し、セルフブランディングを勧める人が増えたことなども要因なのではないでしょうか」

 最後に、こうした意識高い系ワードの「許せる・許せないの境界線」について聞いてみた。

常見陽平氏

常見陽平氏

「なんの言葉を使うかよりも『誰と使うか』が重要ですよね。例えば、学者同士だったら難しい専門用語を使って話すのは当然ですが、その専門用語を一般の人に向かって使ったら、途端に嫌みになりますよね? 本来ならば相手の理解度に合わせて、臨機応変に言葉遣いを変えるべきなのに、それをしない。そして、相手が理解していないのがわかっていても自分の優越感から一方的に話し続けてしまう。これが、人をイラつかせるポイントなのではないかと思います」

 本来、言葉はお互いの意思疎通のためにうまれたツール。「意識高い系キーワード」を好む人は、改めて本来の言葉の目的を、思い出してほしいものだ。

【常見陽平氏】
評論家、コラムニスト。2015年から千葉商科大学国際教養学部の専任講師に就任予定。最新作『リクルートという幻想』(中公新書ラクレ)

取材・文/意識高い系用語を調べ隊 イラスト/大ハシ正ヤ アンケート協力/リサーチプラス
― 許せない[意識高い系用語]の境界線【7】 ―

リクルートという幻想

OBが激白!気鋭の論客がリクルートの虚像を剥ぐ

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中