“東映特撮”好きにはたまらない! 人気声優・神谷浩史&鈴村健一が語るラジオ本制作裏話

鈴村健一さん(左)と神谷浩史さん(右)

鈴村健一さん(左)と神谷浩史さん(右)

 文化放送にて毎週金曜日24時30分から放送中の人気番組「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」。その初となる番組本『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー 大百科』が刊行され、話題になっている。今回は、番組のパーソナリティーで、この本の著者でもある声優の鈴村健一氏、神谷浩史氏を取材。出版に至るまでの裏話から(早くも)第二弾の構想まで、たっぷりとお聞きしました!

  * * *

――初の番組本『仮面ラジレンジャー大百科』発売おめでとうございます。放送開始から現在まで、2年以上にわたる番組の要素がギュッと凝縮しているこちらの本、初めて手にされたときの感想からお願いします。

神谷:なんかね、急にできたよね。

鈴村:そうだね。最終的な中身のチェックをしたんですが、その後すぐ、「じゃあこれを印刷所に回します」的な事を言われてね(笑)。

神谷:チェックしてから本になるまでの期間が、すぐでした。

鈴村:番組収録の日に、本のオビに入れるコメントを出してって言われたね。

神谷浩史さん

神谷浩史さん

神谷:それが、もう「今すぐ下さい」ってね。えっ、今すぐ? どのタイミングで? って尋ねると「今です!」って(笑)。

鈴村:そうしたら、翌週には本が出来ていた(笑)。

神谷:製作期間って、そんなに長くなかったはずなんですよね。

鈴村:そんな中で、こんなにボリュームたっぷりの本ができたなあ、と思いました。

――内容は、これまでの番組で特に印象的だった2度の「ロケ回」(東映ヒーローワールド回、「KAMEN RIDER THE DINER」・カラオケ回)のグラビアページや、’13年、’14年それぞれの公開録音イベントレポートをはじめ、ゲストトーク、こねたまつりといった番組の傑作コーナー再録など、盛りだくさんでしたね。

鈴村:手に取ったとき思ったのは、これは自分が関係していなくても即買ってしまうタイプの本だと(笑)。番組の内容も詰まっているんですけれど、東映特撮テレビ作品の「年表」や「東映特撮ヒストリー」「作品解説」といったデータベース的な側面もあって、東映特撮のおいしいところが入っているいい本です。

神谷:立派な本だと思いましたね。作っている最中に僕らが目にしていたのは、インタビューをはじめ自分たちが関わっている部分だけだったでしょう。全体がどういう風になっているか、想像もつかなかったんです。僕らのインタビューだけでこのページ数が埋まるわけではないだろうから、どうなるんだろう? ってね。

鈴村健一さん

鈴村健一さん

鈴村:どのページも濃厚で、読み応えがあったね。

神谷:完成した本を読んだとき、「こういう本作ってもらってよかった!」と思いました。ラジオ番組本って、難しいんですよね。ラジオってわりとクローズなものですから、番組を聴いている人たちしかわからない内容だったりすると、それ以外の人たちからは抵抗感を持たれかねないと思うんです。ところがこの本は、ラジオ番組の本ではありますが、どちらかというと真正面から東映特撮そのものに向き合って作られている。特撮に対する愛情が深いって、本当に感じましたね。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/797474

  * * *

 巻頭グラビアからスペシャル対談、コーナー回顧まで、番組の魅力の全てがぎゅっと凝縮された一冊。『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー 大百科』は全国の書店、オンラインショップにて好評発売中!

<取材・文/秋田英夫 撮影/尾島翔太>

東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー 大百科

カラーグラビア、ロケ回・公録リポート、巻頭特別対談、出演者による東映特撮スペシャルセレクト、さらには、ゲストトーク、こねたまつりなど、番組の全てがここに!

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中