“艦これ”声優・上坂すみれが中野サンプラザにかける特別な思い

 昭和モノ、ロリータファッション、ロシア、ミリタリー、サブカルチャーの聖地・中野ブロードウェイ――90年代生まれにして多彩な趣味で才能を発揮しているのが、声優の上坂すみれだ。

上坂すみれ

上坂すみれ

 アニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」など多くの作品で声優を務める一方、歌手としても活動し、上智大学のロシア語学科を主席で卒業した経歴を持つ“才女”。そんな彼女のワンマンライブ「第二回革ブロ総決起集会 -ファイナル-」が2月11日、東京・中野サンプラザにて開催された。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=799819

 中野サンプラザは再開発にともなって解体されることが決定している。ハロプロ好きでもある上坂にとって同会場は憧れの地であり“聖地”であり、だからこそ今回が最後だろうという思いを込めて、ライブは「ファイナル」と銘打たれた。

 オープニングを飾ったのは、自身が熱狂的リスナーである筋肉少女帯・大槻ケンヂ作詞の『パララックス・ビュー』から。最初のMCでは「余命短き、中野サンプラザにやってきました!」の挨拶とともに「緊張して大変だったんですよ、でも今日のお昼はわりと食べたんです」と告白。同志諸君(ファン)に「何食べたの~?」と聞かれると「冷めた弁当だよ!」と即答し、笑いを誘っていた。

 ライブ中盤には、上坂すみれ扮するアイドル“めろ坂みみみ”のパフォーマンスも。舞台裏での姿がスクリーンに映し出されステージに登場すると、LEDの衣装を身に纏い、アイドルらしいぶりっ子で『甘ったるチョコレート』『キャラメル桃ジャム120%』『そとばの前で会いましょう』を歌い上げた。この3曲は、彼女がピーチ・マキ役として出演したアニメ「鬼灯の冷徹」の楽曲だ。

上坂すみれ さらにYMO第4の男・松武秀樹がアレンジを手掛けた『テトリアシトリ』を披露すると、続くアニメの主題歌をカバーするコーナーでは、曲名紹介と同時に会場からは大きな歓声が沸き起こった。その後も自身のオリジナル楽曲を、音と光の重なりのなかでパワフルに歌い上げ、ファンを楽しませていた。

 アンコールでは、会場後方にいるファンにも楽しんで帰ってもらおうと、自らステージを下りて2階の客席まで奔走する場面も。上坂のライブでは客席へ物を投げ入れるパフォーマンスが恒例となっているが、ライブへ駆けつけたファンに毒舌を交えながら、感謝をこめてプレゼントを渡していく姿が印象的だった。

 ライブは1stアルバムの表題曲『革命的ブロードウェイ主義者同盟』で幕を閉じた。“ファイナル”を惜しむファンが帰ろうとするやいなや、来年の2月11日、12日にも2daysで中野サンプラザのライブが開催されること、そして4月1日から公式ファンクラブ「コルホーズの玉ねぎ畑」が発足されることも発表された。ファンクラブ名は上坂が大好きなザ・スターリンの曲名から。

 飴と鞭、知的なセンスに毒舌を交えた“上坂節”で、笑いの絶えないステージも魅力的だ。以下ではライブを終えた彼女に、現在の心境を聞かせてもらった。

――上坂さんにとって中野サンプラザは、特別な思いがある会場なんですね。

上坂すみれ上坂すみれ(以下、上坂):もともと中野サンプラザは、いつか立てたらいいななんて思っていた場所なんです。ハロプロが好きで、ハロプロと言えば“サンプラザ”のイメージがありましたし、筋肉少女帯のコンサートも行って、そういうすごい人たちが立つ場所という印象でした。

でも去年、それが叶ってしまって……そしたら解体も決まったんです。すぐに解体されるんじゃないかと早とちりで「ファイナル」にしたんですが、なんと来年も、しかも二日連続でやることになりました。わたしはちょっと拍子抜けしてるんですけど、何回も中野サンプラザの地が踏めることが決まったので、来年に向けて頑張って体力をつけておこうと思います。

――4月から発足するファンクラブでは、どんなことをやってみたいですか?

上坂:ロシアも行きたいんですけど、ビザをみんなで取らないといけないので大変ですよね。シベリア鉄道一週間耐久ツアーとか、人がどんどん抜けていくみたいな感じがいいです。グッズは豪華な物で……そうだなぁ……壺とかですか?

――1月からアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」が放送されていますよね。

上坂:そうですね。声優として主役はほとんど経験したことがないですし、原作のゲームはけっこう昔なのでそれがどんどん大きくなって、わたしも共に成長して。吹雪に声をあてられたのがすごい嬉しいですし、そのおかげで陸もいいけど海もいいなと思えたので、すごく思い入れのある作品です。

上坂すみれ――東急プラザ渋谷の閉館に伴い、3月22日に日本初のロシア料理店・渋谷ロゴスキーが閉店します。“聖地”とも言える思い出の場所が、立て続けになくなってしまう再開発はさみしいものですね。

上坂:ほんとにもう、嫌がらせだと思います……。ロゴスキーでは成人のお誕生日にウォッカを飲みましたし、すごく思い出深い場所なんです。固定客で大ファンのお客さんもいらっしゃるので、また早く開館してくれることを祈るばかりです。ロゴスキーのラムチャップが一番好きなので、どこか場所を変えて臨時開店をしてくれないかなと思っています。

――では最後に、2015年の目標を聞かせてください。

上坂:本業である声優業をしっかり頑張ることと、インフルエンザにかからないようにすることです。あと、ロシアに行きたいですね。決起集会は別にして、地元の人たちと交流する「文化外交」もやっているので、また今年もできたらなと思っています。実は、これまでモスクワしか行ったことがないので、第2の都市のサンクトペテルブルクとかウラジオストクにも行ってみたいですし、イクルーツクも行ってみたいです。メジャーなロシアの都市を踏んでいきたいですね。

●上坂すみれ『閻魔大王に訊いてごらん』(MV) – (http://youtu.be/qSeqUmgjyAU



<上坂すみれ イベント&ライブ情報>

●上坂すみれイラスト原画展
日時:2月4日(水)~17日(火) 12:00-19:00
会場:東京・中野 pixiv Zingaro
入場:無料
http://pixiv-zingaro.jp/exhibition/uesakasumire/

●第一回ファンクラブイベント
日時:5月24日(日)
会場:東京キネマ倶楽部

●ワンマンライブ(タイトル未定)
日時:2016年2月11日(木・祝)、12日(金)
会場:東京・中野サンプラザ

【第二回革ブロ総決起集会 -ファイナル- セットリスト】
0. 予感02(SE)
1. パララックス・ビュー
2. 冥界通信~慕情編~
3. 無限マトリョーシカ
4. サイケデリック純情
5. SUMIRE #propaganda
~めろ坂みみみ~
6. 甘ったるチョコレート/アニメ「鬼灯の冷徹」ピーチ・マキ名義
7. キャラメル桃ジャム120%/アニメ「鬼灯の冷徹」ピーチ・マキ名義
8. そとばの前で会いましょう/アニメ「鬼灯の冷徹」ピーチ・マキ名義
9. テトリアシトリ
10. INSIDE IDENTITY/アニメ「中二病でも恋がしたい!」EDカバー
11. 今よ!ファンタジスタドール/アニメ「ファンタジスタドール」OPカバー
12. 罪と罰-Sweet Inferno-
13. 真・革命伝説
14. FLYERS
15. 我らと我らの道を
16. 七つの海よりキミの海
17. げんし、女子は、たいようだった。
~アンコール~
18. 閻魔大王に訊いてごらん
19. 我旗の元へと集いたまえ
20. 来たれ!暁の同志
21. 予感(SE)
22. 革命的ブロードウェイ主義者同盟

●ロシア料理 渋谷ロゴスキー
http://www.rogovski.co.jp/

上坂すみれ 公式Twitter/@Uesakasumire

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平>

病み・病みヤングパラダイス

めろ坂みみみの映像も


世界でいちばんユニークなニッポンだからできること ~僕らの文化外交宣言~

ポップカルチャーは新しい日本の顔だ!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中