僕たちが「セカンド童貞」になったワケ

 首都圏、名阪神在住の35歳~45歳の男性1000人にアンケートをとったところ、実に43%の男性が「素人と1年以上セックスをしていない」と回答。1年以上セックスをしていない男性を「セカンド童貞」と定義し、その深淵について迫った。

僕たちが「セカンド童貞」になったワケ「そもそもセカンド童貞なんてマスコミが言い出すから、問題あるみたいに思われるけど、本人がそれで満足しているんだからいいじゃないですか」(37歳・公務員)と怒りのテンションとともに回答を寄せてくれた人も中にはいたが、回答者の多くはセックスをしたいと答えるものの、セカンド童貞を捨てるために努力するかといったら、そうでもなく、むしろその境遇を達観してしまった印象さえあった。

「確かに自分は女性としゃべるのは得意じゃないけど、年収も人並みあるしルックスだって悪いわけじゃない。それがコミュ力に少し劣るだけで女性と付き合えないなら、それで結構です。横山美雪ちゃん(人気AV女優)みたいな優等生タイプの美人なら僕も努力するけど、実際にはそんな人滅多にいないし」(35歳・金融)とごく一般的な女性とセックスするよりもお気に入りのAVを観ることの満足感に重きを置く意見は多かった。また「セックスをしたくなわけではないけど、LIVEやスポーツ観戦とか趣味が忙しいから、女に割く時間はない」(36歳・企画)とセックスと他の娯楽を天秤にかけている人も。

 一方でそもそも女性にアプローチしづらくなった社会風潮を問題にする意見もあった。「男だったら誰だって自分が好きになった人と一緒にいたいと思いますよ。でも今の時代、ちょっと言い寄っただけでも、女性のタイプじゃなかったら『ウザい』とか『キモい』と陰口言われるし、下手すればストーカー扱いされるじゃないですか。もうそういうのが面倒だから、みんな諦めてしまったんだと思いますね」(41歳・食品)。

 既婚者に多かった理由としては一般的にもよく指摘されるが子供が生まれたことをきっかけにセックスレスに陥ったという声。「妻を女性と見れなくなった」という人の多くは同時に「性欲はあるのでセックスはしたいけど、子供に見られたらマズイから……」と答えている。その結果として「嫁とラブホに行くくらいなら、若くてかわいいデリヘルを呼んだり、風俗に行った方がずっといい」(39歳・広告)となってしまうパターンも少なくない。

僕たちが「セカンド童貞」になったワケ 単身者に多かったのはそもそも出会いを諦めてしまったケース。「この年まで結婚できなかったのが全てだと思うんです。イケメンじゃないし、年収も人並み以下。若いときですらダメだったのに、30過ぎて誰かが自分を好きになるとは到底思えません。昔はAVでヌイていたけど、最近は生身の女性を見ただけでもそのことが思い出されて、今はもっぱらエロゲーです」(37歳・メーカー)という絶望の声も聞かれた。他人事だと思っていたら、いつの間にか自分もセカンド童貞の泥沼に足をとらえているからもしれない……。3/3発売の週刊SPA!では「セカンド童貞の悲劇」と題した特集を組んでいる。思い当たるフシのある方はぜひ読んでもらいたい。 <取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/ぐれいす>

週刊SPA!3/10号(3/3発売)

表紙の人/マギー

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中