モビリティランド大島裕志社長に直撃!「鈴鹿F1日本GPは来年で終了?」

F1ファンにとっての年に一度のお祭り、日本GP。今年の鈴鹿F1は成功裏に終わったが、大会中、モータースポーツ関係者の間では再来年以降の開催を不安視する声が聞かれた。迫りつつある2013年問題とは? 鈴鹿F1を取り巻く“状況証拠”に明るい材料はあまりない。日本GPの命運はどうなるのか? 歓迎されないテーマだと重々承知のうえで、レース後、モビリティランド大島裕志社長に突撃した!

※「鈴鹿F1日本GPの2013年問題」に関してはこちら
http://nikkan-spa.jp/82008

――まずは、今年の日本GPの評価をお聞かせください。

大島 「なにより3日間天気に恵まれた。まったく雨が降らなかった日本GPはおそらく初めてなんじゃないかな。それに、昨今の経済状況と東日本大震災の影響を心配していたんですが、昨年より企業購入が減ったにもかかわらず、より多くのお客さまに来ていただいた。そして皆さん、『この日を待ってた!』という感じでエンジョイされてたし、F1からの日本支援の気持ちにもあふれ、いいイベントになったと思います」

――今年の収支の見通しは?

大島 「それは言わないことになっている(笑)」

――例えば満員御礼だった2006年とか、過去の日本GPで黒字になったことはありますよね?

大島 「それも言っちゃいけないんだけど、努力はしています」

――2006年当時と比べて現在の開催権料は高くなっている?

大島 「具体的な金額は言えないけど、高くなったよね」

モビリティランド大島裕志社長

大島社長は「日本のF1ファンの皆さんの期待に応えられよう最善の努力を尽くします」と約束してくれた

――で、この先……。

大島 「来年はやりますよ!(笑)」

――それは世界中のF1ファンが知ってます(笑)。再来年以降は?

大島 「僕自身はやりたいと思ってます」

――交渉は始まってるんですか?

大島 「まだしてない」

――開催する方向で交渉される?

大島 「もちろんその方向で交渉する予定」

――開催に向けて一番の問題は、高騰する開催権料ですよね?

大島 「そうなんだけれども、今年の結果と来年に向けてさらに盛り上げることができれば、2013年以降の開催については、それほどハードルが高いとは思ってない」

――じゃあ、大船に乗った気持ちで開催決定の吉報を待ってます。

大島 「それはまだわからない(笑)。交渉してないから(笑)」

――万が一、地上波のF1放送がなくなったら、継続開催への影響は?

大島 「我々はフジテレビの契約についてはまったくわからない。もしそうなればF1への関心が低くなるという意味では影響はなくはないけど、それが開催しないメーンの理由にはならない。むしろ「放送がないんだから鈴鹿に来て見ましょう」というくらい魅力ある日本GPにするのがサーキットプロモーターの仕事」

――インディジャパンの開催を今年限りで打ち切ったのは、F1開催に資源を集中させるため?

大島 「個々のイベントの収支を見極めた結果、これ以上、不採算イベントは続けられないという個別の判断。もちろん、もてぎと鈴鹿は同じ会社だから、トータルの収益へのインパクトはあるけれども、F1のためにという観点に立った決定ではない」

――今年、ホンダが苦戦してますが、その業績が2013年の開催交渉に影を落とすことは?

大島 「短期的にどうってことはないけど、親会社だから、長期的には体力を持っていてくれないと影響は受けますよ」

――あらためて、再来年以降の開催については楽観視していいですか?

大島 「だから、それはこれから交渉しますから(笑)」

バーニー 海野勝モビリティランド代理人

写真右が1987年の鈴鹿初開催からバーニー(中)との交渉を請け負う海野勝モビリティランド代理人(今年7月のドイツGP)

取材・文/SPA!鈴鹿F1存続を願う会
写真/Sauber Red Bull Racing McLaren Ferrari Infiniti MOBLITYLAND

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中