キャラ弁は雑菌が付着しやすい…【知っておくべき夏場の食品管理】

目覚めの一杯は手づくりのスムージー。半熟卵を使ったエッグベネディクトで優雅な朝食。お弁当はジャーサラダでヘルシーに。仕事の後ははやりの熟成肉を味わえるビストロへ……絵に描いたようなオシャレな食生活も、一歩間違えば死を招く!?

◆キャラ弁

キャラクターの顔を再現して、ごはんやおかずを作るキャラ弁がここ数年大ブームになっている。しかし、最近では衛生面での不安から、夏場のキャラ弁を禁止する幼稚園、保育園も増えているのだという。

「具材を細かく刻んで、型どりして並べたりと、手に触れる時間が長く雑菌が付着しやすい。作るなら必ず使い捨ての手袋を使うべき。さらに上から次亜塩素酸水などをかけると、よりよいでしょうね」(内科医の吉島聡氏)

キャラ弁◆缶筒唐辛子

 調味料のなかでも怖いのは唐辛子。よく土産物屋などで竹筒や缶筒に入った七味唐辛子を売っているが、オシャレなデザインに惹かれて安易に手を出すのは危険なのだ。「唐辛子類は非常にダニが増えやすい。気づかずに口にしてしまうと、アナフィラキシーショックを引き起こす危険性があります。特に竹筒のものや缶に丸い穴が開いたタイプはビンに比べて非常にダニが入りやすい形状なのでオススメできません」(エフシージー総研の川上裕司氏)

唐辛子【川上裕司氏】
暮らしにまつわるさまざまな研究を専門とするエフシージー総合研究所・暮らしの科学部部長。東京家政大学大学院非常勤講師。農学博士

【吉島聡氏】
関西医科大学付属病院、関西医科大学などを経て新宿メディカルクリニック院長。内科医の立場から健康な体を実現する生活習慣を提唱している

取材・文/加藤カジカ 中村裕一 写真提供/エフシージー総合研究所
― 死を招く[オシャレな食べ物] ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中