BMW初のミニバンにセレナからの乗り換えが続出!? 保守系ファンからは総スカン

アクティブツアラーに続き、BMWがグランツアラ―なる、かっこ悪いクルマを出しました。しかもBMWお得意の後輪駆動ですらありません。「これはイカン! 一言物申す!」と熱い心を持った(激安だけど)BMWを愛する男たちが三度集結! しかしそこには「まさかっ!」の裏切りが……。激安中古BMW隊崩壊の危機であります

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
大子香山=写真 Photographs by Daiko Kazan

我らが激安中古BMW隊がBMW初のミニバンを吟味しました

左から220iカブリオレ(535万円~)、218dグランツアラー、13万㎞超走った勇者の愛車(320iツーリング、36万円)、スーパーエリート号(335iカブリオレ、266万円)

◆我らが激安中古BMW隊がBMW初のミニバンを吟味しました

 ワタクシMJと担当K、そして激安中古BMWの勇者・小出カメラマンで構成されるSPA!激安中古BMW隊は、「BMWがFF(前輪駆動)のミニバンを出した!」というニュースに激怒し、試乗会へと殴り込みをかけました。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=922962

我らが激安中古BMW隊がBMW初のミニバンを吟味しましたMJ:我々3名は、中古車といえどもFR(後輪駆動)の直列6気筒BMWを駆るエリート軍団である!

担当K:もちろんです!

小出:36万円でしたけど。

MJ:BMWはカッコいい後輪駆動車でなくてはならない。それが鉄則なのに、このBMWグランツアラーはどうだ!?

小出:36万円の僕が言うのも何ですが、BMWにはこんなの出して欲しくなかったですね。

担当K:出すならMINIブランドにすべきでしたよ。だってこれ、ベースはミニでしょ? 見た感じもカピバラみたいだし、BMWとしてダサすぎます!

小出:こんなのをBMWから出されたら、我々エリート軍団としてはいい迷惑ですね(笑)。

我らが激安中古BMW隊がBMW初のミニバンを吟味しました

グランツアラ―には、ディーゼル以外にガソリンモデルもあり。最安の218iグランツアラ―は358万円~で、ディーゼルモデルの218dグランツアラ―は379万円~なので、約20万円の価格差を考えればディーゼルモデルがオススメ

MJ:うむ。カッコに関しては同感だ。このグランツアラー、聞くところによると、以前からのBMWファンからは総スカンで、国産ミニバンからの乗り換え客が多いという。

担当K:セレナから乗り換えるようなミニバンをBMWが出したなんて……。それもショックですよ。

小出:BMWはエリート専用のままでいて欲しかったです!

MJ:しかしグランツアラーは猛烈に走りがイイな。

小出:それにはちょっとビックリしましたけど。

担当K:新しいディーゼルエンジンは特によかったですね。静かになって力もあって、値段も割と安いので。

MJ:この走りを知ったら、もはやBMWも無理にFRにこだわる必要はないと思い知った!

小出:えっ!?

担当K:我々を裏切るんですか?

我らが激安中古BMW隊がBMW初のミニバンを吟味しました

見た目はともかく走りは最高! 乗り心地も文句なし。ミニバンなのにワインディングも楽しい! 走りも重視するミニバンユーザーには最適です。左下は新型1シリーズ。これはカッコいい!と激安中古BMW隊も納得でした

MJ:こんなイモ臭い形をしていながら、ワタクシのスーパーエリート号こと先代335iカブリオレをはるかにしのぐ直進安定性およびコーナリングのシャープ感。BMWは今後、全車FFおよびFFベースの4WDにすべきかもしれない。

担当K:……全部、ですか?

MJ:うむ。7シリーズまで全部だ。

小出:36万円の僕が言うのもなんですけど、それには反対です(笑)。

担当K:絶対反対ですね。BMWはFRだからこそエリートなんじゃないですか!

MJ:そんな考えはもはや時代遅れでしかない。BMWはFFのディーゼルに限る!

担当K:まさかっ!

小出:ひどい(笑)!

MJ:諸君らも乗ってわかっただろう。自分の愛車よりもグランツアラーのほうが走りが全然いいことを。

小出:新車の走りがいいのは当たり前でしょう。高いので。

担当K:一部認めますが、そういう問題じゃないんです。こんなのBMWじゃありません!

MJ:石頭だな。

担当K:とにかくFRはFFよりも偉いんです!

小出:なによりも大事なのは値段が安いことです!(笑)

MJ:まあいい。諸君らがなんと言おうと、BMWは小さいモデルから順にFF化していくだろう。まずは次の1シリーズ。グランツアラーやアクティブツアラー以外の2シリーズがそれに続く。そしていずれ3シリーズもFFベースになると見た。

小出:それが30万円台になるのはいつですか?

MJ:3シリーズがFFになるのが20年後として、35年後くらいだな。

小出:そろそろ死んでますね(笑)。

担当K:僕も関係ありません。FFのBMWに乗るくらいならベンツにします!

MJ:それより俺はカッコ悪いBMWを禁止して欲しいぞ! BMWで一番大事なのはカッコだろう?

担当K:FRの直6です。

小出:値段ですね。

【結論】
BMWはFFになっても、駆け抜けるヨロコビそのものだった。しかしこれはあまりにもカッコ悪い!BMWの猛省を求めたい。ちなみに218dグランツアラーは379万円~

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中