中国でもセックスレスが社会問題化。一人っ子政策解禁や風俗浄化が裏目に!?

 これまで“世界最強”を誇ってきた中華民族の生殖能力に異変が起きている。恋人・夫婦間でセックスレスが蔓延しているのだ。

一人っ子政策解禁や風俗浄化が裏目!? 繁殖力世界一の中国人がセックスレスに!

中国人がまさかのセックスレスに(写真はアダルトグッズ展示会の様子)

 中国人民大学社会学研究所が全国で行った調査によると、異性のパートナーのいる男女のうち約3割は、性生活の頻度が月1回未満にとどまっているという。

 セックスレスの傾向は、都市生活者で顕著のようだ。人材大手「智聯招聘」が発表した、「’14年ホワイトカラー満足度調査」では、各都市で働く男女の平均セックス回数は、月1回という結果になった。 中国では、性交渉の頻度が月1回未満の夫婦は「無性結婚」(セックスレスカップル)と呼ばれ、社会問題ともなっている。

 さらに『網易新』(9月11日付)によると、性生活の欠如は今や、離婚の主要な要因のひとつにもなっているという。5月には浙江省金華市で、結婚して1年間まったく性生活がないことに不満を持った新妻が、警察に駆け込んで苦情を訴えるという珍騒動も発生している(『金華新聞網』)。

 広東省広州市在住の日系工場勤務・戸田誠さん(仮名・46歳)の周囲にも、性的に枯れてしまった人たちが少なくないという。

「かつての中国人男性に対するイメージは絶倫そのものだった。ですが最近の男たちは去勢されたかのよう。以前は、同僚はみんな毎週風俗通いをして、日常的に発情してて“慢性勃起状態”だったのに。昨年から続く風俗取り締まり強化で刺激を失い、家庭内の性生活でも覇気がなくなってしまったんでしょうか……」

 中国で広がるセックスレスに関する報道では、生活上のストレス増大を指摘するものが多い。そんななか、『今日話題網』(9月18日付)によると、中国で今「性療師」なる新職業が話題となっているらしい。直訳すればセックスセラピストで、文字通り性交渉に悩む男女の心理ケアにあたる職業だ。

 一方で、原因を住宅事情に求めるのは中国在住のフリーライター・吉井透氏だ。

「都市部の庶民の場合、3LDKの小さいマンションに3世代で住んでいることもよくある。中国のマンションは壁も薄くて、声も筒抜けなので、夫婦生活なんてできたもんじゃないんでしょう」

 一方、上海市在住の旅行会社勤務・向井典明さん(仮名・42歳)は、あの規制緩和が遠因となっているのではないかと予測する。

「一人っ子政策が緩和に向かい、第2子をつくろうと頑張っている40代の友人がいるんですが、年齢による焦りもあってEDになってしまった。そこで、嫁さんに連れられて病院に行ったんですが、若い女性看護師にパンツを脱がされた途端、恥ずかしいくらいビンビンに勃起していたらしい(笑)。この一件で、夫婦仲はギクシャクして離婚してしまいました。とにかく子づくりのストレスで、セックスレスに陥る男も多いんです」

 中国人ジャーナリストの周来友氏は、セックスレス解消のため、同胞たちにこんな提言をする。

「中国の女性にとって、セックスはまだまだ子づくりの手段だったり、男への見返りだったりする。性を楽しもうという気概が足りない。中国の男はもっと技術を磨き、女性を悦ばせるべきでしょう」

 日本のアダルトグッズメーカーにとっては商機かも!? <取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中