一人過ごす夜。渋谷の高級住宅街でワイン片手に美女と語らう

 世間ではキャバクラでワイワイ騒ぐのが男の夜遊びの定番と思われがちだが、それは大いなる誤解と言ってよい。昼は会社で過大なストレスを強いられ、夜は若いギャルと毎日バカ騒ぎ。さすれば、体力とカネを消耗するのは目に見えている。

 むしろ、大人の男ならば家路に就く前に一人思索に耽りたい夜があるのではなかろうか。とはいえ、本当の意味での一人酒は寂しすぎる。せめて、美女と品のある会話を楽しみつつ、そんな空間に身を置く自分に惚れつつ、上機嫌で眠りにつきたいものだ。今夜は、アルコールよりも自分に酔いたい時におすすめの2店をご紹介しよう。

毎晩通い詰めたい!美人とワインは最高の相性

Bar Saito

オーナーの斎藤菜月さん(28歳)。渋谷区松濤育ちのお嬢様で元レースクイーンという無敵の経歴を持つ。が、驚くほど話しやすい!

 終電前の24時、渋谷駅へと人々が慌ただしく向かう中、それとは逆方向に歩を進める。東急百貨店本店の裏手を突き進むと、辺りは一気に静寂に包まれる。近年、奥渋谷とも呼ばれるこのエリアに、今夜の目的地「Bar Saito」はある。この店の近くに住む美人オーナーの菜月さんがこの店をオープンさせたのは今から2年前。

「家に帰る前に寝酒が飲めるワインバーがあればいいなと思って、自分でつくっちゃいました(笑)」

Bar Saito

菜月さんはイタリアや山梨など、ワインの名産地にはどこにでも出かけるフットワークの軽さ。昼間のストレスを忘れて、夜は彼女のワイントークに耳を傾けよう

 今夜は彼女一番のおすすめであるイタリアはトスカーナ州のアモーレ・アンド・メイジアで乾杯。

 毎晩3種類以上のワインを飲むという彼女の豊富なワイントークに耳を傾ければ、ほろ酔い気分で家路に就けることは間違いない。

 続いて向かったのは渋谷区広尾。春は満開の桜が咲き乱れることで有名な明治通り沿いに面しているのがこれまた豊富なドリンクを取り揃えているバー「EBIPRI」。

元アイドル、タレント……スタッフは美女揃い!

EBIPRI

店長のユリさん(37歳)。女性スタッフは元アイドルやタレントなど30代の芸能関係者がメインで常時3~4人の美女が揃う

 今夜は元レースクイーンの美人店長・ユリさんにスペインのエストラテゴ・レアルを注いでもらう。

 聞けば、スタッフはタレントや元グラドルなどの美女揃いで、客層もどこか都会的な雰囲気が漂う。

「終電を過ぎた時間からふらりと飲みに来る人が多いです。地下には13人入れるパーティルームもあります。フードの持ち込みもOKなのでぜひ使ってくださいね!」

EBIPRI

ワイン片手に美女と語らう大人の夜更かし。ガールズバーよりもグッと大人の会話ができる。

 こちらも、美人店員目的で通う「下心系」のお店ではなく、残業終わりの一人飲み用に使う隠れ家的お店。

 赤ワインを2杯飲み干し、艶めかしい店内のムードの余韻に浸りながら家路に就くワルヂエでした。

【Bar Saito】
住:東京都渋谷区神山町17-1 第二渡辺ビル2-B
電:080-4365-8901
営:20~26時
料:ワングラス1000円~
休:日、月
世界各国のワインを揃えている

Bar Saito【EBIPRI】
住:東京都渋谷区広尾5-1-40
電:03-3473-6700
営:20時半~27時LAST
休:年中無休
料:生ビール900円、ワイン1000円~、個室あり(1時間5000円)

EBIPRI取材協力/U氏 撮影/田中一矢

ワルヂエ新宿在住。夜の店ではおさわり癖アリ。「話せばわかる」が口癖。好きなタイプは公務員
ワルヂエの他の記事

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中