R-30

冬の[節電料理]鉄板レシピ ウマくて安くて超簡単!

 寒さが厳しくなる季節がやってきた。日本全国でみると、夏の冷房器具を使う期間よりも、冬の暖房器具を使う期間のほうが実は長いというのをご存じだろうか? しかも、「エアコン」と「冷蔵庫」は家庭の消費電力の約40%を占める大物。そこで、節電&防寒対策のひとつとして、『「節電女子」の野菜レシピ!』(アスコム)の著者で、節約アドバイザーの矢野きくのさんに、なるべく電気を使わずにできる超簡単「節電料理」について伺った。

――7月に発売された著書の中で、「キッチン・冷蔵庫・エアコン」を節電する3大テクニックとして、「1.火を使わなくていい食材(火を使う時間が少ない食材)を選ぶ 2.常温保存の食材を使って冷蔵庫を節電 3.身体を涼しくする食材を使ってエアコンを節電」とおっしゃっています。では、冬場の身体を温める食材に関して教えてください。

矢野 :野菜ならニラやネギ、また生姜や唐辛子もオススメです。特に生姜に含まれるジンゲロールは、「体温を上げる」ほか「代謝のアップ」「胃腸の働きを整える」「免疫力のアップ」「活性酸素を抑制する」「肝機能を強くする」といった効果が期待できます。

――では「ズボラで料理は苦手」という人でも手軽にできる料理はありますか?

矢野 :「野菜チヂミ」はどうでしょう。

【具材料】(2人前)
ニラ(1/2束) にんじん(小1/3本) 玉ねぎ(小1/4個)
小麦粉(100g) 卵(1個) 水(100cc) サラダ油(適量)

【たれ材料】
ポン酢(大さじ3) 砂糖(小さじ1) 
ごま油(小さじ1) コチュジャン(小さじ1)

【作り方】
1.たれの材料を混ぜ合わせておく
2.ニラは5cmの長さの千切りに、玉ねぎは薄切りに
3.ボウルに2.と小麦粉、卵、水を入れてよく混ぜる
4.フライパンに油を熱し、3.を入れて薄くのばして焼く
5.フライパンにふたをして焼き色がついたら裏返す

野菜チヂミ

鷹の爪を入れればさらに体温アップも

これだけです。薄くして火を通しやすくすれば、それだけガス代も浮きます。それも億劫なら鍋や野菜スープなどですかね。チゲ鍋に唐辛子をたっぷり入れたり、スープは野菜をたくさん入れて生姜をすって足します。ベースとなるダシは、市販の鶏ガラや中華スープの素でもなんでもOKです。そのほかにも、コンビニなどの既製品にチューブ状の生姜を入れるなんていうのもありますね。

 最近では、薬味などとして使用するほか、生姜紅茶などのドリンクや飴、ケーキなどさまざまな生姜食品がスーパーやコンビニなどで簡単に手に入るようになったので、試してほしい。そのほかの節電テクニック&アイテムに関しては、発売中のSPA!12月6日号「冬版電気フリー生活に挑戦!」をチェック!

【矢野きくの氏】
家事アドバイザー・節約アドバイザー。All About「節約」ガイド。暮らしの効率化、家庭の省エネなどを専門に各種メディアで活動。著書に『幸せな時間とお金を生み出す! シンプルライフの節約リスト』(講談社)など

取材・文/おはつ

「節電女子」の野菜レシピ!(アスコム)

たのしく節電しながら超おいしい厳選70レシピ




おすすめ記事