タイマー付コンセントで賢く節電できる

夏以上に長い時間電気を使うのが冬。では冬の節電を効果的に行うには?

◆待機電力、消し忘れもゼロに近づける

意外と消費電力が大きい照明にも、効果的な節電法が。

「蛍光灯を使った『省エネ球』は、価格は白熱電球の5~10倍ですが、消費電力は4分の1~5分の1程度に抑えられます。LED球も高価なものの、電気代は5分の1程度で、20年近くの長寿命です。製品寿命と価格のバランスも考えながら、自分のライフプランに合った製品を選びましょう」(環境プランナー・村井哲之氏)

 無駄な「消し忘れ」の防止や、主電源を落として待機電力を減らすのも、節電法の一つだ。

センサー付コンセント

光センサー付タイマーコンセント(リーベックス、amazonで1750円)

「コタツやホットカーペットなど、消し忘れがわかりづらい製品には、タイマー付きコンセントを利用するのがオススメです」(節約アドバイザー・矢野きくの氏)

タイマー付コンセントは1000~2000円台で何種類も発売されている。寝る時間に切れるようタイマーをセットして消し忘れを防いだり、帰宅直前にオンにするなど、便利である。なかには光センサー付きのコンセントもあり、暗くなると自然に暖房器具や電灯がつくようにできる。たとえば留守がちでペットを飼っていると、朝から電灯などをつけて出かける人もいるだろうが、タイマーや光センサーがあればそのぶん節電できる。

 料理や入浴で効果的に暖を取るのも、冬の節電では大事になる。

「ぬるめの温度の半身浴で体を芯から温めれば、暖房に頼らずに心地よく眠ることができます。また体を温めるための食事としては、ショウガを使ったスープや、唐辛子を使ったチゲ鍋などが、手軽でオススメでしょう」(同)

【矢野きくの氏】
家事アドバイザー・節約アドバイザー。All About「節約」ガイド。暮らしの効率化、家庭の省エネなどを専門に各種メディアで活動。著書に『幸せな時間とお金を生み出す! シンプルライフの節約リスト』など

【村井哲之氏】
環境経営戦略総研代表取締役社長。環境プランナー。環境経営・コスト削減の専門知識を生かし、講演や各種メディアへの出演等でエネルギーコスト対策、節電アドバイスなどを行う。著書に『エコ節電の教科書

― 冬版 電気フリー生活に挑戦!【4】 ―

光センサー付タイマーコンセント

暗くなると自動で点灯、時間がくると自動で消灯

ハッシュタグ




おすすめ記事