雑学

首都圏各駅の“トイレ危険地帯”を徹底比較――混雑度100%超、OPP(おなかピーピー)の人は要注意

 胃腸の弱い人にとって、特に電車という空間は一層の緊張を強いられるものだ。車内での突然の腹痛…よりにもよって遅刻するかしないか、ギリギリのシーンに限って、それは容赦なく襲いかかってきたりする。

 まさに、移動中は日常生活における危機管理能力・判断力が問われる瞬間と言えよう。そんなときにどの駅のトイレが使え、どの駅付近では警戒せねばならないのか。

首都圏各駅の“トイレ危険地帯”を徹底比較「駅から駅までの時間」、「ホームからトイレへのアクセス」、「混雑度合い・競争率」といった観点から、OPP(おなかピーピー)たちに鬼門として恐れられ、できれば近づきたくない“大便を漏らしやすい”駅や路線を紹介しよう。

九段下駅:不意の武道館ライブに注意


 新木場、海浜幕張など大規模なイベントが開催される駅の中でも、九段下は休日に開催される不意の武道館ライブに要注意だ。改札外の個室は全て埋まって順番待ち、仕方なく地上に出ても、エクセルシオール・ジョナサンなど周辺の飲食店がイベント客で占拠されているケースも珍しくない。

首都圏各駅の“トイレ危険地帯”を徹底比較

素直に駅のトイレに並ぶのが得策か?

 中には「結局、飯田橋まで1キロ近く歩いた」(出版・男性・30歳)という地獄の行軍の報告も……。想像しただけで背筋が凍る。

「これが渋谷公会堂だったら原宿・渋谷から、あるいは外苑前や代々木からだって歩けるので、イベントのお客さんもある程度分散するのでしょう。しかし、武道館の場合はほとんどの人がほぼ九段下で降りますからね」(同)。

次のページ 
極端に競争率が高いケース

1
2
3




おすすめ記事