雑学

“東京一行列ができる”回転寿司店の人気のヒミツ

 回転寿司といえば、人によってはさまざまなイメージがあるだろう。「ファミリー向け」「どこも同じ」「安いが味はイマイチ」などなど。しかし、回転寿司を愛するマニアに言わせると「それは狭量」なのだ。回転寿司の常識を覆そう。

『回し寿司 活美登利』抜群の鮮度と品質で大人気。低価格帯メニューも充実


回し寿司 活美登利

特大赤海老[300円]エビ好きにはたまらないスケール感!

 都内と神奈川県内で9店舗を展開する「活美登利」は、各店とも常に盛況な“東京一行列ができる”と謳われる回転寿司店。B級グルメ探究家の柳生九兵衛氏も創業時からプライベートで通い続けているそうで、「日本で1・2を争う名店」と絶賛する。

「まず、何といっても鮮度が抜群にいい。そしてネタ数が豊富で皿の種類も豊富。一番高い皿でも黄金寿司などの500円までで、7割以上が300円以下。100円皿のネタだけでも40種類以上あるのですが、どれもが普通は100円じゃ提供できないようなものばかり。一番安い皿のメニューが圧倒的に一番多かったり、安く仕入れられた日にはいつもの皿より安い値段の皿で提供してくれたりなど、お店の思いがうれしいですね」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1100903

 店は落ち着いた雰囲気で、ファミリー向けの郊外型回転寿司のような騒々しさはない。

「生け簀もあえて目立つ場所に置いておらず、それを前面に出そうとしない点も好感が持てます。それでいて解体ショーをしながらさばきたてを提供するなどエンターテインメント性も備えています」

次のページ 
期間限定メニューやサイドメニューも豊富

1
2




おすすめ記事