雑学

回転寿司を愛するマニアに聞いた「良い店の見分け方」

 回転寿司といえば、人によってはさまざまなイメージがあるだろう。「ファミリー向け」「どこも同じ」「安いが味はイマイチ」などなど。しかし、回転寿司を愛するマニアに言わせると「それは狭量」なのだ。回転寿司の常識を覆そう!

回転寿司の良店とは?


 回転寿司と聞いて、まずイメージするのはファミリー向けの大手チェーン。だが、B級グルメ探究家である柳生九兵衛氏は、「それは回転寿司全体の1ジャンルにすぎません。100円均一など安さをウリにしたチェーンも多いですが、あくまで個性の一つです」と力説。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1100901

ひと味違う!マニアが通う回転寿司 柳生九兵衛氏

柳生九兵衛氏

 だとするとネタの鮮度や味などで勝負する店もあるはずだが、そうした店をどのようにして見分ければいいのだろうか?

「例えば、うまいあら汁がある店は、丸ごとの魚を店でさばいているはず。つまり、魚も新鮮だし、腕利きの職人さんが作っていればこそなわけです。ならば、寿司のほうも期待できますよね」

 また、回転寿司マニアを自任する芸人の安藤なつ氏は、「サイドメニューでも判断できる」と話す。

「チンしたり簡単な調理で済むものばかり出す店が多いですが、あら汁同様に自家製の一品料理が充実した店もあります。そうしたお店の寿司はレベルも高いですね」

次のページ 
扱っている寿司ネタで判断

1
2
達人直伝 回転寿司のさ・すし・せ・そ

安うまグルメガイド




おすすめ記事