仕事

一人で田舎に住む母のことが心配。地元に帰って仕事を探すべきでしょうか?【男性31歳の悩み】

 あなたのお母さんが東京に出てくることを嫌がり、しかもお母さんを引き受ける経済的余裕がない(もっとも東京では、介護サービスが整っているので、お金はあまりかかりません)のならば、故郷への移住を考えるのも一案です。あなたの故郷が過疎地ならば、定住のための、さまざまな優遇措置があるはずなので、地元の役所に相談してみるといいでしょう。仕事は必ず見つかります。  重要なのは、奥さんの理解をきちんと得ることです。現状と、あなたの気持ちを正直に奥さんに話してみましょう。それから、都心の零細企業に勤務するよりも、故郷で職に就いた方が、実質的な収入が増える可能性があることについても、話してみるといいでしょう。  お母さんと奥さんの双方に納得してもらえるよい解決策が生まれることを祈っています。頑張ってください。 【今回の教訓】 介護システムは都心に有利な構成です ◆募集 佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form(PCのみ対応) 【佐藤優】 ’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数

◆募集◆
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form

人生の極意

佐藤優が相談者に送った人生を賢く生き抜く72の処方箋

1
2
分断社会を終わらせる――「だれもが受益者」という財政戦略

分断社会を終わらせるべく、財政戦略を提唱する希望の書!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事